2017年11月18日

歌舞伎座の一幕見席

11月3日に歌舞伎座に行きましたが、正面左側にある一幕見待ちの人たちが行列を作っていました。

歌舞伎座一幕見席 行列1.JPG歌舞伎座 一幕見席 販売待ちの行列。
一幕見席は当日券だけだから並んで買わないといけない。


演目に寄って金額が違いますけれど大体 1,000円〜2,000円くらいですから、ちょっと見るのには良いですね。
一等席なら 20,000円はかかります。

歌舞伎座一幕見席 料金表1.JPG歌舞伎座 一幕見席料金表。
演目によって料金が異なる。
「直侍」はもう始まっている時間だが立見席は販売中。
夜の部の「五・六段目」は仮名手本忠臣蔵の五段目、六段目で 1時間後に始まるので発売中。


一幕見席は 4階で、全て自由席です。
通常公演では椅子席約90名、立見約60名、合わせて約150名の定員だが、宙乗りのある月の公演場合、席数が大幅に減ります。

歌舞伎座一幕見席切符売場1.JPG歌舞伎座一幕見席切符売場。
チケットを購入した人は左側の入口を入って専用エレベータで 4階に上がる。
「仮名手本忠臣蔵 五・六段目」のチケットを買った人たちは、まだ時間があるゆっくりとしている。


夜の部の仮名手本忠臣蔵の五段目、六段目は定九郎と勘平の切腹までですから良さそうですね。
時間は 1時間40分です。
一幕見席は開園20分前に4階ロビーに集合です。
撮影をしたのは 15時頃ですから、チケットを買った人たちは外でゆっくりとしていました。
昼の部、夜の部の同じ部であれば、連続で購入が出来ます。(通し)
4階で天井から見るので、オペラグラスは必須でしょう。

歌舞伎座菰樽1.JPG歌舞伎座正面左に「菰樽」が積み重ねられている。
「大入」の額も飾られ、華やかで良い感じだ。


一幕見席切符売場の前と書面入口との間に菰樽が積み重ねられて「大入」の額が貼られていて、芝居小屋の雰囲気があって良いですね。
posted by ogu at 14:37| Comment(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

地球堂ギャラリーはなくなっていた

今年も、会社時代の先輩の写真展が銀座で開かれましただ、一昨年までいつも使っていた銀座八丁目の地球堂ギャラリーではなく、銀座三丁目の朝日画廊で行われました。
昨年は、これで終わりということで鎌倉で開かれたのですが、また銀座に戻ってきました。
今年は11月3日から5日の三日間で会場は、銀座三丁目で中央通りと松屋通りに面した教文館ビル8階の朝日画廊という良い場所ですが、銀座八丁目の地球堂ギャラリーも良い場所でした。

銀座三丁目教文館2.JPG「朝日画廊」。
銀座四丁目にある教文館ビルの8階。
良い場所だが開催会期が 3日間と短かった。
信号を挟んでアップルストア銀座。


今まで長い付き合いだった地球堂ギャラリーでない画廊を写真展の会場にしたのだろうと思っていましたが、行ってみると地球堂ギャラリーはなくなっていました。

旧地球堂ギャラリー2.JPG旧地球堂ギャラリー。
今は地球堂ギャラリーがあった2階は白く埋められている。
昔は 1階に au があって 2階に地球堂ギャラリーがあって、窓があった。


昔あった地球堂ギャラリーは協栄ビルの2階にありましたが今は1階の店の倉庫か何かの様になっているのでしょう。
窓は白いパネルで覆われていました。
まぁ、地球堂ギャラリーが閉店をしたことは分かりました。
ちょっと寂しいですね。

カフェパウリスタ1.JPG協栄ビルの真向かいにある「カフェパウリスタ」。
銀ブラの語源となった説もあるカフェ。
銀座のカフェ。パウリスタでブラジルコーヒーを飲むというのが銀ブラの語源という説が高い。


私もカフェ・パウリスタでコーヒーを飲んだことがありますけれど、1階は喫煙可で煙草の煙でいっぱいでしたので 2階の禁煙席に行きました。
本当は 1階の店の方が雰囲気は良いのですけれど。
posted by ogu at 17:16| Comment(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

銀座から木更津への高速バスは品川発にした

今年も、会社時代の先輩の写真展が東京銀座で開かれました。
行きは 木更津駅西口から東京駅八重洲口までのいつものルートを利用しましたが、帰りは JR新橋駅から品川駅に行き木更津駅東口行きの高速バスを利用してみました。

JR品川駅1.JPGJR品川駅。
いつもは、改札口をでて第一京浜道路側の高輪口に行くのだが、今回は反対方向の新幹線入口側の港南口。


JR品川駅2.JPGJR品川駅港南口。
2階からエスカレータで1階に下りたが、後で地図を見ると「こうなん星の公園」には2階の広場を歩いて行けるようだ。
こうなん星の公園前には複数のバス停があって、バスの利用を考えると当然のことだ。


初めてでしたからバス停を探すのに少し気を使いましたが、駅の北側にある「こうなん星の公園」のそばにバス停がありました。

品川 こうなん星の公園1.JPGエスカレータで地上に降りると信号機のある横断歩道を渡らなくてはいけない。
道路を渡るとバス停がある。


品川 木更津行きバス停1.JPG木更津行きバス停。
木更津アウトレット行きもある。


JR品川駅の西側の第一京浜道路側には、高輪プリンスホテルなどにも良くいきましたから分かるのですが、東側の港南口には行ったことがありませんでした。
品川駅からのルートは 港南2丁目の交差点を右折し、旧海岸道路(都道316号線)、海岸通り(国道357号線)、海岸通り(都道316号線)と大井競馬場まで一本道を走り、左折をして首都高速湾岸線 大井南IC で高速道路に入ります。
後は東京八重洲口-木更津線と金田まで同じで、袖ヶ浦BT にも停まり、木更津駅東口に停まります。

品川 高速入口1.JPG品川発の木更津行きバスは大井南ICから首都高速湾岸線に入る。
これからアクアラインを越えて木更津に入る。


バスの本数は朝晩は3〜4本、その他は 30分に1本程度で、料金は 1,350円でした。
品川駅こうなん星の公園から金田BT、袖ヶ浦BT、木更津駅東口に停まりますから、料金は後払いです。
バス会社は、日東、小湊、京急で私が乗ったバスは京急バスでした。
東京駅八重洲口行き、横浜駅行き、新宿行きと今度の品川行きは乗りましたから後は、川崎ルートと羽田空港ルートを確認すればほぼ終わりです。
成田空港ルートも確認をしてみたいですね。


posted by ogu at 19:24| Comment(0) | 道路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする