2017年02月28日

川越 蔵造りの街並みの洋風建築

川越の蔵造りの街並みを歩いていると、埼玉りそな銀行川越支店や、川越商工会議所のほかにも洋風建築がいくつかあります。
昨年、川越を散策したときにも気になっていたのですが、いくつか見てみたいと思います。
奥に入ればまだありそうですけれど、取り敢えずは蔵造りの街並みの中だけにします。
仲町の交差点から札の辻に向かって歩いていくと田中屋ビルがあります。

川越 田中屋ビル1.JPG川越 田中屋ビル。
竣工は 大正4(1915)年で構造は木造モルタル塗り2階建て。
もとは輸入自転車の販売店だったようです。
西欧の古典建築をベースにしながら玄関脇に施されたルネサンス風のモチーフが簡略化したデザインなどは、いかにも大正期らしいもの。
今はアートカフェ・エレバートなどが入っている。


田中屋ビルは一見鉄筋のように見えますけれど、実際には木造モルタル塗りの土蔵造りのビルです。
人力車も停まって説明をしていました。
そしてその隣が山吉ビルです。

川越 山吉ビル1.JPG旧山吉ビル。
川越初の鉄筋コンクリート造り3階建て。
建築年 昭和11年(1936)。
山吉(やまきち)デパートは、昭和11年(1936)、川越に初めてできた高級百貨店。
創業者は呉服・太物商(ごふく・ふとものしょう)の山田屋吉右衛門。
山吉デパートは昭和26年に閉店し、同年10月に丸広百貨店・川越店となった。
丸広が駅前近くに移転してからはキャバレーとなり、その後、月極め駐車場として使われていた。


川越初の鉄筋コンクリート造り3階建てで ルネッサンス様式を基調とした外観をしています。
そして、2階正面には4本の柱(イオニア式)が並び、唐草のレリーフがはめ込まれています。
現在は建物の耐震補強及び復元工事が終わり、1階は保刈歯科医院が入っています。
高いう風に蔵造りの街並みの中に大正、昭和初期の洋館があるのも、良いものですね。
posted by ogu at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

木更津自衛隊航空祭

2月25日に木更津自衛隊の航空祭に会社時代の同期の仲間と行きました。
仲間から6時に家を出るというメールを貰いましたから、巌根駅 9:41ではなくもう一本早い 9:22 発の電車で木更津まで行きました。
それでも、早く着いたようで木更津駅の出口で会うことが出来ました。
大和に住んでいた時に入間市仏子に住む娘夫婦の家に行くときに横田基地の航空祭にぶつかってものすごく道路が渋滞をしましたから木更津駅西口から出るシャトルバスを利用しました。

JR巌根駅東口.JPGJR巌根駅東口。
駅への出入り口は西口にしかないので、写真の跨線橋を渡って西口に行く。
ここまで家から6分程度だが跨線橋の乗り降りと駅内で下りに乗るために別の跨線橋を渡らなくてはならないので 8分強はかかる。
余裕を見て 10分と見ていれば良い。


シャトルバスは結構混んでいましたし、友人は沢山のカメラ器具を持ち歩いていますから次のバスにしました。
シャトルバスは思っていた通り、続けて発車をしますから気にしないで良かったです。
中央通りから旧道を通って抜けていましたからあまり渋滞はありませんでした。

木更津自衛隊航空祭1.JPG木更津陸上自衛隊駐屯地入口。
駐屯地創立48周年記念行事 第44回木更津航空祭 と書かれた幕が張られていた。


木更津自衛隊持ち物検査2.JPGシャトルバスに乗っていた時間よりも入口の持ち物検査の方が時間がかかった。


木更津の陸上自衛隊についてから入口で荷物チェックの方が長くかかりました。
カメラの道具や脚立を持った人が多いのですから時間がかかるのはわかります。

UH-60 2.JPG展示されていた UH-60。
ブラックホールろして有名。


飛行場内には多くのヘリコプターや飛行機が展示されていて、それぞれ気になるようなものが多かったです。

AH-IS.JPGAH-1S。
ベトナム戦争の時に活躍をしていた機種。
今は、子供を乗せて禁煙撮影をしていたが、この方がずっと良い。


陸上自衛隊の滑走路には沢山のヘリコプターや飛行機が展示をされていて、なかなか面白かったですが、慣れている人たちは編隊飛行や訓練展示待ちで飛行場を囲んでいました。

編隊飛行1.JPG編隊飛行。
輸送用のヘリコプター CH-47JA が何といっても花形。
編隊は大体 3機ずつの編成で飛んできた。


降下1.JPGCH-47JA からの降下。
模擬訓練だけれど迫力がある。


ジープ搬送1.JPGヘリコプターによる自動車搬送。
ヘリコプター部隊の見せ所だろう。


模擬戦闘訓練が終わるとほぼ終わりです。
なかなか楽しい航空祭でした。
このあと木更津駅西口までシャトルバスで戻って、友人の希望をしていた江川海岸と久津間海岸の海中電柱を見て別れました。


posted by ogu at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

川越の銭湯 旭湯

2月13日(月)に川越に行って時の鐘に行ったあと、近くを散策していたら市役所の方に出たのですが、札の辻につながる道路に出てしまいました。
この道路に「旭湯」という銭湯がありました。
この日は月曜日で定休日でしたが、川越に残る最後の銭湯のようです。

旭湯1.JPG旭湯。
川越市に残る唯一の銭湯。
川越市役所の近くにある。
札の辻から市役所前に抜ける通り(県道39号線)に面しているから結構交通量も多い。


旭湯2.JPG旭湯。
月曜日定休 と書かれている。
入口に貼ってあるポスターも新しいものだから、まだ営業をしているのだろう。


店の左に旭湯 月曜日定休 と出ていますし、入口に貼られている トリエンナーレ のポスターも新しいですから、まだ営業は続けているのですね。

旭湯3.JPG旭湯。
タイルもはがれておらずしっかりとしている。
建物もきちんと整備をしているようだ。


吉寅1.JPGすき亭 吉寅。
旭湯の真ん前にある。
すき焼きは高いけれどランチはまぁまぁだ。
ランチのオムライスに人気があるようだ。


交通量が多いので旭湯の方には渡りませんでしたが、このあたりにも食べ物屋は多いようですね。
金額的には高いところが多そうですけれど。
posted by ogu at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする