2017年03月31日

初めて中西整形外科に行った

3月28日に、連れ合いの腰痛の薬が少なくなってきましたから、前の君津のあすならクリニックから紹介状を貰っていた木更津市ほたる野の「中西整形外科」に行きました。
場所は先に確認をしておきましたから、11時少し前に到着をしました。
このほたる野という場所は、かつて繁華街だった木更津市の西口に替わって大きく店舗が広がってきた場所ですが、車がないと動きにくい場所です。
リハビリで時間がかかりますから中西整形外科に連れ合いを降してから、家に不在中に届いていた「本人限定受取郵便物」を取りに木更津郵便局に行きました。

木更津郵便局1.JPG木更津郵便局。
木更津市の郵便局本局。
土、日でも利用をする人が多い。


本人限定受取郵便物は、確定申告の前に登録をした「マイナンバー・カード」でした。
大体 1週間くらいで届くと説明は受けていたのですが不在だったのですね。
マイナンバーカードを貰っても、まだ時間がありましたから、近くにある旧金田屋洋品店が「金田屋リヒトミューレ」という雑貨店になりましたから、見に行きました。
今回は中には入りませんでしたが、今度、ゆっくりと覗いてみたいと思います。

金田屋リヒテミューレ1.JPG金田屋リヒテミューレ。
旧金田屋洋品店。
30年以上手つかずだったが最近雑貨店として開業した。
通りの右奥に見える赤い看板はオムライスで有名なラケル木更津店モカ。


中西整形外科2.JPGほたる野にある中西整形外科。
場所は悪くないが車がないと時間がかかるだろう。


金田屋リヒテミューレについては、また別に書きたいと思いますが、昔の看板建築ですね。
つまり木造建築の外見をモルタル塗りにした建築です。
木更津の西口には看板建築がいくつか残っていますが、旧金田屋洋品店はその中でも有名なものです。
店の外を見てから中西整形外科に戻りましたが時間は 12:00頃でした。

中西整形外科 内部1.JPG中西整形外科の室内。
左側に受付があって奥にリハビリテーション室がある。
午前中に入った人たちがリハビリを受けていた。


処方箋をもらってから隣にあるくすりやに行って薬を貰いました。
あまり混んではいませんでしたから、今後はここを利用しても良いかもしれません。

くすり タサカ3.JPGくすり タサカ。
中西整形外科の近くには 2軒の薬局があるが、中西整形外科の受付の女性が教えてくれたので隣にあるこの薬局を利用した。


この薬局で薬を貰ってから、近くにあるアピタで買い物をして帰りました。
君津に住んでいた時も、リハビリの時には、通りを隔てたアピタで待ち合わせをして買い物をして帰りましたからパターンは同じですね。
待ち時間に丁度良いコーヒー屋が見つかると良いのですが、これはしばらくすれば見つかるでしょう。
posted by ogu at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

小櫃堰頭首工

3月16日に小櫃堰公園に行きましたが、小櫃川の対岸に大きな建物が見えました。
後で地図で調べてみると君津広域水道企業団の十日市場浄水場でした。

君津広域水道企業団2.JPG小櫃堰公園から見える君津広域水道企業団の十日市場浄水場。
木更津市、君津市、袖ヶ浦市、富津市を中心に水道水を供給している。
小櫃川沿いに桜並木も見える。


浄水場の近くも桜並木になっているようですから、行ってみました。
小櫃川の対岸に行くのに、小櫃堰公園に近い中郷大橋を渡って行きました。
渡ってすぐに右に入る道がありましたからそこを入りました。

中郷大橋1.JPG中郷大橋。
小櫃川にかかる橋。
良く通る井尻までつながっているらしい。


小櫃堰頭首工1.JPG小櫃堰頭首工(とうしゅこう)。
頭首工というのは、水の取りれ口のこと。


小櫃堰頭首工(おびつせきとうしゅこう)という看板が貼られていましたが、頭首工という意味が分かりませんでした。
後で調べると水の取り入れ口のことを頭首工というそうです。
つまり小櫃川のここから水を取り入れ浄水場で浄水をして 4市他の水道に送るのですから、大切な場所だったのです。

水道橋3.JPG浄水場で浄水をしたあとこの水道橋などを通って各市に配送をされる。
水道橋はしっかりとしたものだった。


浄水場で浄水をしたあと、水道橋を通って小櫃川を渡り各市に水を供給しているようです。
そして水道橋の少し先で万年橋になりますが、この道は十日市場の交差点につながっていますね。

万年橋1.JPG万年橋。
手前に自動車専用道路と並行して万年橋歩道橋がある。


中郷大橋から万年橋までの距離は 1.1km くらいです。
この間の道は細くて交互通行は難しい道ですから、無理をしないで六郷大橋の近くに駐車をして歩いて桜を楽しむ方が良さそうですね。
posted by ogu at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

道の駅木更津の工事が始まっている

圏央道の木更津東インターチェンジのそばに道の駅木更津が造られています。
君津市には「道の駅ふれあいパーク・きみつ」という道の駅がありますが、木更津市には、まだありません。
また市原市にも「道の駅 あずの里・いちはら」がありますね。
木更津市から、袖ヶ浦市、君津市、鴨川市、南房総市、館山市までの国道410号線がありますが君津市久留里から鴨川までは山の中になります。
圏央道の木更津東IC を使えばこの国道410号バイパス(久留里馬来田バイパス)に抜けられますが、今のところ国道410号線には、ほとんど店がないのです。
久留里馬来田バイパスは、工事中で、今は久留里の街の手前の俵田駅の先で旧道につながっているのですが、昔よりは便利になってきています。
この圏央道木更津東ICから久留里バイパスにつながる角に道の駅木更津の工事が始まっていました。
300m くらい先にコンビニとJA馬来田の直売所がありますが、他には何もありませんから、道の駅が出来れば木更津東インターチェンジを利用する人も増えるでしょう。
市の取り組みとしては良いことですね。

道の駅木更津6.JPG道の駅木更津の工事の飯場。
原っぱだったところが整地されている。


道の駅木更津2.JPG道の駅木更津の工事現場に貼られている「道の駅事業予定地」の看板。


道の駅木更津3.JPG木更津市のウェブに出ていた道の駅木更津のイメージも貼られていた。


道の駅木更津9.JPG道の駅の工事のすぐ後ろに圏央道木更津東の料金所が見える。
道の駅の場所としては悪くない。


道の駅の名前も公募で「道の駅 うまくたの里」に決まったようです。
馬来田駅の近くですけれど、本来は「うまくた」でしたから悪くない名前ですね。
農業振興や観光振興等、地域の活性化に貢献する新たな交流拠点という目的だそうです。

道の駅木更津近くの野菜直売所1.JPG今は、木更津東ICから一番近い場所にある JAの農産物直売所。
ここも現在の「馬来田(まくた)」ではなく、万葉集の時代の「いまくた」と言っている。
道路を挟んでコンビニも1軒ある。


今はインターチェンジから410号線に出ても 300m くらい先に、コンビニとJAの農産物直売所があるだけですから、物が揃い食堂も整備をされれば繁盛するでしょう。
この間、近くを通ったときには、木更津東ICの信号機のそばに椅子を置いてアルバイトの若い人がカウントをしていました。
道の駅の効果の評価グラフに使うのでしょう。
木更津市の予定によると、平成29年度中に開設予定ですから、簡年度中に道の駅が出来るのでしょう。
きょなんの道の駅「保田小学校」のように成功をして効果だ出ると良いですね。
posted by ogu at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする