2017年04月30日

久留里の藤美の藤の見頃は過ぎていた

4月28日に、水を汲むついでに藤美という日本そば屋に行きましたが、花はもう終わりに近く良い藤を見ることが出来ませんでした。

藤 2017−4−28 1.JPG藤美の庭。
この時期は、庭にも席が設けられている。
すでに藤の時期は終わりに近い。


昨年、久留里にある藤美という日本そば屋の藤が見事でしたので少し遅れてしまったようです。

藤美の藤 2016−04−26.JPG2016年4月26日の藤美。
昨年は店の中ではなく、店外の藤の木の下でランチを食べたが、気持ちよく美味しく食べることが出来た。


君津に住んでいた時には近くに藤を育てている家がありましたから、咲き始めの時期も良く分かったのですが、木更津の新居周辺にはありませんからわからなかったのです。
今回は、おなかも空いていませんでしたし、藤の時期も遅れていましたから、食事はしませんでした。
この店のランチは量が多いですから食べきれませんからね。
駐車場にも入れないで、入口にある正源寺の駐車場に駐車をしました。

藤美 入口1.JPG藤美の入口。
JR久留里駅から歩くとここが入口になる。
駅からは近いのだけれど、幟がないとわかりずらい。


正源寺1.JPG藤美も大きな駐車場があるのだが、少し入れにくい場所にあるから、今回は正源寺の駐車場に停めた。
こちらの方が停めやすい。
藤美を利用する人はこちらに停める人の方が多い。


藤の時期も短いですから来年は気にしておかないといけませんね。
今年は鎌足桜も遅れたので、それに気を取られすぎました。
でも藤美のそばは美味しいですから、近いうちにランチを食べに行くつもりです。
天もり(野菜天ぷら)とおにぎりが2つですからおなかが一杯になりますよ。
posted by ogu at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 久留里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

イオンモールにある QBハウスで髪をカットした

木更津に転居をしてから、初めて床屋に行きました。
前に住んでいた君津では家の近くに安い床屋があって重宝をしたのですが、木更津周辺で安い床屋を探していたのです。
2月に入間の娘夫婦の家に孫の1歳の祝いに行ったときに飯能のホテルに泊まり、そばに QBハウス があって、そこでカットをしたので木更津ではまだ一度も床屋に行ったことがなかったのです。
家の近くに昔からある床屋があるのですが昔ながらの床屋で値段も安くはありませんから、利用をしたことがありません。
神奈川県のつきみ野に住んでいたころは、ほとんどの駅の近くに QBハウス もありましたし、安い床屋もあったので、QBハウスにはあまり行きませんでした。
QBハウス というアメリカ・スタイルのカット専門店は、木更津のイオンと市原に 1店あるだけです。
QBハウスは 1996年に神田に第1号店を作ったカット専門店です。
客単価は 1,000円で、10分、予約なしという店ですから、安くて便利で良いですね。
多分、保健所の規定で水道やシンクも付いていますけれど、全く使わずエアークリーナーで吸い取るだけです。

QBハウス ビジネス.JPGQBハウスの理念。
分かりやすいし、時代にあっている。


要するに、安く、早く、短くをビジネスモデルに置いた店で、短い時間に処理をしてお客の回転を早くして収入を上げることに徹しているのです。

イオンモール1.JPGQBハウスの店は多いが千葉以南には、市原と木更津にしかない。
木更津の店はイオンモールの中にある。


QBハウス1.JPGイオンにある QBハウス。
安く 10分でカットが終わるし予約も不要なので、年配の人、女性、子供が多く来ていた。
年間国内客数が 150万人を超えるのもわかる。


私と連れ合いが店に入ったときには、職人は2名で、待っている客は 6人いましたが、一人平均 10分しかかかりませんから、早くて良いですね。

QBハウス2.JPG最初は職人は2人だけだったが、途中から一人増えた。
最大で 4つあるから、作業も早い。
カットをしない人は、待つための椅子も5〜6卓置いてあった。


途中から女性の職人が入ってきましたから私はその女性に髪をカットしてもらいました。
通常は 1,080円、65歳以上の人は 1,000円ですから、お客も来るわけですね。
posted by ogu at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

久留里駅前の 喜楽飯店

私は久留里に水を汲みに行くときには手打ちそば処の藤美やするが屋にも行きますが、喜楽飯店で食事をすることが多いです。
4月23日は日曜日だったので水汲みひろばは混んでいましたから、水は汲みませんでしたが、いつもの通り JR久留里駅に行ってから上総地域交流センターに寄って、喜楽飯店で食事をしました。

喜楽飯店6.JPG喜楽飯店がある「みゆき通り 商店街入口」。
JR久留里駅側。
久留里街道まで突き抜けた長屋の横の道をみゆき通りと呼んでいる。
スナックや黒文字作りの教室が入っているが、通常の時間帯には喜楽飯店だけが店を開いている。


喜楽飯店2.JPG久留里街道側の「みゆき通り」。
喜楽飯店の宣伝と「ラーメン」の幟だけが目立っている。


みまち通り3.JPGみゆきロ降り。
一応蛍光灯は点いているが、暗い。
中ほどにある喜楽飯店の店頭だけが明るい。


この店は、JR久留里駅からは近いのですが、古い商店街の中にあって気が付きにくい場所にありますし、昭和そのものといったレトロな雰囲気の店ですが、美味しいので気に入っています。

喜楽飯店3.JPG店の入口にあるショウウィンドウ。
見てはいる客はほとんどいないだろう。


喜楽飯店 店内2.JPG喜楽飯店の店内。
この時間は年配の男性が食事を出していた。
人気がある店なのでお客の出入りは多い。


今回もチャーハンを食べましたけれど、注文をして数分で出されるのがすごいですね。
若干塩分が濃い目の時もありますけれど、今回は丁度いい塩加減でした。

喜楽飯店 チャーハン1.JPGチャーハン。
注文をしてから数分で出された。
シンプルなものだけれど、とても美味しい。


この前、道の駅保田小学校の「3年B組」で食べた海老チャーハンよりも美味しいです。
「3年B組」の海老チャーハンも美味しかったのですが、それ以上に好みに合っているのです。

喜楽飯店 駐車場1.JPG喜楽飯店の駐車場。
前は久留里運送という運送会社があった場所が駐車場になって喜楽飯店も3台駐車が出来るようになった。


駅前の運送店の跡地に駐車場が出来て、喜楽飯店も3台分の駐車スペースを借りたようです。
今までは、道路前の水汲みひろばの駐車場に駐車をしていたので、困ることはなかったですけれど、他の店の様に店前に駐車できるスペースがないので良くなりました。
特に土日は水汲みひろば/上総地域交流センターの駐車場も満車の時が多いですからね。
posted by ogu at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 久留里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする