2017年05月22日

袖ヶ浦海浜公園

5月17日に袖ヶ浦海浜公園に行きました。
この公園は、近いのですが、初めて行きましたが、なかなか良い場所ですね。
ウィキペディアによると、この公園が出来たのは 2004年4月だそうで、袖ヶ浦市の埋め立て地の南袖の先端にあります。
袖ヶ浦市は、北袖、中袖、南袖という3つの埋め立て地があって大きな工場や東京ガスなどがありますけれど、南袖だけは一番端に袖ヶ浦海浜公園があるのです。
隣は木更津市の牛込海岸ですから、潮干狩りの時期には混むようですね。
それに、木更津アウトレットもすぐそばですから、あまり夏には行きたくありませんが、東京湾や東京湾アクアラインも見えて、木更津市の金田海岸から見るアクアラインとは違ってなかなか良いです。

袖ヶ浦海浜公園1.JPG袖ヶ浦海浜公園のプロムナードから。
比較的に大きな駐車場のそばに公園のシンボルの展望塔が近くにある。


袖ヶ浦海浜公園 レイアウト1.JPG袖ヶ浦海浜公園。
埋め立て地のコンビナートの一部にある。
日陰になるような場所はあまりない。
公園の全体の面積は 8ヘクタール。
東京湾に面しているので見晴らしが良い。


公園の左側は木更津市側の東京湾でアクアラインのアクアブリッジや海ほたるPA が良く見えます。

袖ヶ浦海浜公園から見たアクアライン1.JPG東京湾アクアブリッジ。
袖ヶ浦海浜公園から見るとほぼすべてが真横に見える。
木更津市の金田海岸から見るアクアブリッジとは違って見える。


海ほたるPA1.JPG海ほたるPA。
これも真横から見える。
もっと倍率が高いレンズを持ってくれば良かった。


駐車場のすぐそばに展望台がありますから、上ってみました。
周りには何もありませんから、この展望台は良いですね。

袖ヶ浦海浜公園 展望塔1.JPG展望台。
高さは 25m。
「人や生き物にやさしい地球環境づくりのための自然エネルギー」を活用して公園内の電力をまかなうための風力発電施設が設置されている袖ヶ浦海浜公園のシンボルタワー。
人々の夢をいっぱい乗せた未来の宇宙船を想像だそうで屋根は、アルミ製の銀色の球形。


展望台の屋根1.JPG展望台の屋根。
アルミ製の球体。


展望塔 入口1.JPG展望台の入口。
丁度、降りてきた年配の人は、疲れたようだ。
展望台は 階段 14段ごとに外が見えるようになっている。


袖ヶ浦海浜公園 展望台から1.JPG展望台からの風景。
左に見えるゲートにはヤシの木が植えられている。
駐車場に停まっている車の数も少ない。
もう一つ駐車場がある。


公園はコンビナートの先端にありますからトラックが多いです。
道路は上下各2車線ありますから、普段は混まないと思いますが、木更津から行くときにはアウトレットの駐車場と、観覧車パーク「キサラピア」の間の道を通って行くのが良いでしょう。
但し、土日は避けたいですね。
posted by ogu at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 袖ケ浦市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

東京ドイツ村の春バラ

袖ヶ浦市にある東京ドイツ村のバラが見ごろだという情報が出ていましたので 5月18日に行きました。
君津市に住み始めてからは、ドリプレ・ローズ・ガーデンに行っていたのですが2016年は鹿の被害でバラは壊滅状態でした。
2015年に東京ドイツ村のローズガーデンを見てからは、こちらの方が気に入っています。
昨年は 6月8日に行きましたので、少し遅かったので、今年は 5月19日に行きました。
今年は少し早いかとは思ったのですが、東京ドイツ村のホームサイトでは見ごろだと書かれていましたので行ってみたのです。

東京ドイツ村のホームサイト1.JPG東京ドイツ村のホームサイト。
この画面は 5月20日のものだが、5月19日も同じコメントが出ていた。


今回は、連れ合いと義妹と私の3名で行きました。
東京ドイツ村は、ドイツらしいものは、土産物売場の土産、ビール、ソーセージと観覧車の塗装ぐらいですが、「花と緑のテーママーク」と言う通り、季節の花が見事なので年に何回かは行っています。

東京ドイツ村 ホームサイト2.JPG東京ドイツ村。
ドイツ的なものはほとんどないが、花と緑のテーマパークとうたっている通り、花は整備されていて素晴らしい。


東京ドイツ村 1〜7月上旬の花こよみ.JPG東京ドイツ村の 1月〜7月上旬の花こよみ。
バラ、金魚草は、入口を入った場所、あじさいはゲートの出口近くにある。


この時期は春バラ、金魚草がきれいで、もう少しするとアジサイが咲き出します。

東京ドイツ村 バラ5.JPG東京ドイツ村 ローズガーデン。
円形で真ん中に東屋がある。
奥にフラワーガーデンの金魚草とピザ&カフェテリアの棟、そしてその奥にレストラン、ショッピング棟が見える。


東京ドイツ村 バラ1.JPG東京ドイツ村のローズガーデンで。
赤い大きなバラはやはり目立つ。
第16代アメリカ合衆国大統領「エイブラハム・リンカーン」の名を冠する黒赤ばら名花。


東京ドイツ村 バラ3.JPG東京ドイツ村のローズガーデン。
暑い日だっらが、左手に見える東屋は、結構涼しい。


東京ドイツ村のゲートを入ってすぐの場所にローズガーデンがあります。
200品種5千株のバラは 80%以上咲いていて見事でした。
昨年は 6月2日に行ったので、もう枯れ始めているバラも出ていましたから今年の方が素晴らしかったです。
東京ドイツ村のショッピングセンターで、ジェンセンのフォアグラ・パテを買って帰りました。
大和市に住んでいた時には近くの東急ストアにも置いてあったのですが、今の場所では、ドイツ村でしか買うことが出来ませんからね。
posted by ogu at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 袖ケ浦市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

木更津ワシントンホテルが 10月28日に開業をする

JR木更津駅の東口に建設中の「木更津ワシントンホテル」が 10月28日に開業をするそうで、5月9日から予約受付を開始し始めました。
もうかなり出来上がっていますから、これからは内装に入るのでしょう。

木更津ワシントンホテル 2017-05-02 1.JPG建設中の木更津ワシントンホテル(2017-05-02)。
外観はほぼ出来上がったようだ。


駐車場をつぶしたのは 2015年で、2016年1月に新昭和が藤田観光とワシントンホテルのフランチャイズ加盟に関する基本合意をしたので建設が始まりました。
私は、隣にある銀行に行くことがあるのですが、工事が始まってからも気にしていたのです。
当初は 2017年12月開業予定でしたが 2017年秋になって 10月28日に決まったのです。
前に撮影をした写真を何枚か掲載します。

木更津ワシントンホテル工事 2016-02-29.JPG2016年2月29日
撮影。
今まで有料駐車場だった場所がパネルで覆われて地下の工事が始まったころ。


木更津ワシントンホテル工事 2016-06-02 1.JPG2016年6月2日 撮影。
骨組みが造られ始めた頃。


木更津ワシントンホテル工事 2017-02-28 1.JPG2017年2月28日 撮影。
大型クレーンも入れられて一気に骨組みを組み上げ始めている。


木更津ワシントンホテル ホームサイト1.JPG木更津ワシントンホテルのホームサイト。
木更津ワシントンホテルは総客室数 146 のホテル。
JR木更津駅東口から徒歩1分。
高速バス乗り場も JR木更津駅の東口/西口に集まっているからビジネス客にも利用されるだろう。


建設中のホテルは、昔、西友があった場所ですね。
その後、ゲームセンターになった時期もあるようですが、私は、転勤などで水戸、宇都宮、大宮、横浜、東京などに行っていましたから知りません。
木更津駅東口は、他にもダイエーもあって繁栄をしていた場所ですが、今はほとんどが駐車場になっています。
最近、いくつか店も増え始めましたから、この木更津ワシントンホテルをきっかけに昔の繁栄を取り戻してくれると良いですね。
posted by ogu at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする