2017年05月04日

袖ヶ浦フォレストレースウェイに始めて行った

5月1日は、小櫃川のこいのぼりを見に行きましたが、天候が不安定で帰りには雨になりました。
5月2日は、私一人でしたから、もう一度中川橋でこいのぼりを見てから、東横田駅に寄って、袖ヶ浦フォレストレースウェイに行きました。

フォレストレースウェイ HP1.JPG袖ヶ浦フォレストレースウェイのホームサイト。
必要な情報はこのサイトで知ることが出来る。


フォレストレースウェイは、場所は知っていて行きたいと思っていた場所です。
ウィキペディアの情報によると袖ヶ浦フォレストレースウェイは、2009年にオープンしたようで、FIA(国際自動車連盟)の規格に従ったコースとして設計されていて、JAF(日本自動車連盟)公認のサーキットだそうです。

フォレストレースウェイ1.JPG袖ヶ浦フォレストレースウェイのレイアウト。
右下から延びる細いトンネルがパドックに行く唯一の道。


入場ゲートは、南ゲートと北ゲートがありますが、パドックに入るゲートは北ゲートだけです。

パドックへの入口1.JPGパドックに入る道はこのトンネルだけ。
英語でトンネル内ではライトを点けよ(TURAN THE LIGHTS ON IN TUNNEL)という注意書きがある。


コントロールタワー1.JPG袖ヶ浦フォレストレースウェイのコントロールタワー。
レースの支持はすべてここから出される。


オブザベーションポスト1.JPG袖ヶ浦フォレストレースウェイのオブザベーションポスト。
コントロールタワーからの指示はここからフラッグで競技者に伝えられる。


ピット1.JPG袖ヶ浦フォレストレースウェイのピット。
この日は2輪スポーツ走行の日だったので4輪(自動車)はあまりいなかった。


5月2日は2輪車のスポーツ走行のスケジュールでしたので4輪車はあまりいませんでした。
2輪車を積むバンは結構停まっていました。
posted by ogu at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 袖ケ浦市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする