2017年05月15日

国道410号バイパスがもうすぐ開通する

国道410号線バイパスは部分的には共用されているのですが、JR久留里線の馬来田から俵田ができてかなり便利になってきました。
後は久留里区間が開通をすれば、かなり便利になります。
俵田から小櫃川を渡って久留里市場に抜ける部分が、5月21日に開通をするそうです。

国道410号 久留里 馬来田バイパス1.JPG国道410号 久留里・馬来田バイパス。
馬来田工区はすでに共用されていて圏央道の木更津東ICに接続されている。


今回、確認を出来たのは、図の対象区間2(3.76km)の部分です。
対象区間1も出来ていれば良いのですが、対象区間2だけでも久留里の街にはアクセスがしやすくなります。

国道410号バイパス 工事中通行止め1.JPG久留里市場から寺沢交差点に抜ける県道 145号線に接続をする。
今は工事中でまだ通行止になっている。


今は写真の通り「国道410号バイパス 5月21日開通」と「通行止」の看板が出ていますけれど、4月23日に通ったときにはパイプの通行止めが置いてあるだけで気が付かないでぶつかる車がありました。

国道410号パイパス 橋1.JPG小櫃川にかかる橋。
この橋が目立つため、すでに道路が開通をしたと間違える車がいるのだろう。


国道410号バイパス工事中1.JPG工事中。
写真の左下への道が旧道で、新しい道路へは、久留里市場から来ると直線になるので間違いやすい。


道路 ミス1.JPG工事中に気が付かず直進をしてポールを飛ばした車。
アルミのポールは軽いから、車もあまり傷まなかったようだ。


私も、直進をしそうになりましたから、ぶつけている車も多いのでしょうね。
この辺りは工事が終わって作業をする人もいませんでしたし、道路の構造で直進をし易くアルミの車止めが目立ちにくいのですから、今回の様に通行止の大きな看板を貼っておくのが正解でしょう。
posted by ogu at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 君津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする