2017年05月21日

東京ドイツ村の春バラ

袖ヶ浦市にある東京ドイツ村のバラが見ごろだという情報が出ていましたので 5月18日に行きました。
君津市に住み始めてからは、ドリプレ・ローズ・ガーデンに行っていたのですが2016年は鹿の被害でバラは壊滅状態でした。
2015年に東京ドイツ村のローズガーデンを見てからは、こちらの方が気に入っています。
昨年は 6月8日に行きましたので、少し遅かったので、今年は 5月19日に行きました。
今年は少し早いかとは思ったのですが、東京ドイツ村のホームサイトでは見ごろだと書かれていましたので行ってみたのです。

東京ドイツ村のホームサイト1.JPG東京ドイツ村のホームサイト。
この画面は 5月20日のものだが、5月19日も同じコメントが出ていた。


今回は、連れ合いと義妹と私の3名で行きました。
東京ドイツ村は、ドイツらしいものは、土産物売場の土産、ビール、ソーセージと観覧車の塗装ぐらいですが、「花と緑のテーママーク」と言う通り、季節の花が見事なので年に何回かは行っています。

東京ドイツ村 ホームサイト2.JPG東京ドイツ村。
ドイツ的なものはほとんどないが、花と緑のテーマパークとうたっている通り、花は整備されていて素晴らしい。


東京ドイツ村 1〜7月上旬の花こよみ.JPG東京ドイツ村の 1月〜7月上旬の花こよみ。
バラ、金魚草は、入口を入った場所、あじさいはゲートの出口近くにある。


この時期は春バラ、金魚草がきれいで、もう少しするとアジサイが咲き出します。

東京ドイツ村 バラ5.JPG東京ドイツ村 ローズガーデン。
円形で真ん中に東屋がある。
奥にフラワーガーデンの金魚草とピザ&カフェテリアの棟、そしてその奥にレストラン、ショッピング棟が見える。


東京ドイツ村 バラ1.JPG東京ドイツ村のローズガーデンで。
赤い大きなバラはやはり目立つ。
第16代アメリカ合衆国大統領「エイブラハム・リンカーン」の名を冠する黒赤ばら名花。


東京ドイツ村 バラ3.JPG東京ドイツ村のローズガーデン。
暑い日だっらが、左手に見える東屋は、結構涼しい。


東京ドイツ村のゲートを入ってすぐの場所にローズガーデンがあります。
200品種5千株のバラは 80%以上咲いていて見事でした。
昨年は 6月2日に行ったので、もう枯れ始めているバラも出ていましたから今年の方が素晴らしかったです。
東京ドイツ村のショッピングセンターで、ジェンセンのフォアグラ・パテを買って帰りました。
大和市に住んでいた時には近くの東急ストアにも置いてあったのですが、今の場所では、ドイツ村でしか買うことが出来ませんからね。
posted by ogu at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 袖ケ浦市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする