2017年06月30日

上総清川のレストラン よこた

6月25日は、連れ合いが昔の仲間と会う約束をしていましたから、近くを走って、久留里線 上総横川駅の近くにある「レストラン よこた」で食事をしました。
レストランよこたは、木更津駅前に 32年、今の上総清川駅の近くに移ってから 33年、都合 65年も営業をしている老舗です。

DSC02249.jpgレストラン よこた。
久留里線 上総清川駅の近くの清川郵便局の真向かいにある。


かなり地元の人たちに人気があるお店ですね。
駐車場が一杯でしたので、ちょっと上総清川駅を見に行きました。

DSC02241.jpg久留里線 JR上総清川駅。
無人駅で反対側にしか駅への入口がなく、南側からは入ることが出来ない。


この駅は、前にも来たことがあるのですが、房総横断道路(国道 410号線)側からしか駅に入ることが出来ません。
まぁ実際には、線路に入る場所があって、そこから駅に行く人もいるようですけれど。
少しだけ見て、「よこた」に戻ると駐車場が 2箇所空いていましたので駐車をして店に入りました。

IMG_7027.JPG「よこた」の店内。
厨房を囲むようにして窓際に客席がある。
カウンター席もあったが、テーブルが空いていたのでそちらに案内をされた。


全面喫煙可なのは地域的に仕方がありませんが、困りますね。
木更津駅前にあるレトロな喫茶店も喫煙可なので煙草を吸う人が多いのです。
洋食を食べている人が多くいましたが、私はウェブにも書かれている「いためそば」を注文しました。

IMG_7029.JPG「いためそば」。
チャーシューの角切りとキャベツが入っている。
この店が元祖で人気もあるそうだ。
焼きそばとは違うと感激をしている記事もあったが基本的にソース味の焼きそば。
味は悪くはないが別にどうということもない。


私の連れ合いも、昔の仲間が近くの矢那に住んでいるので、この店に良く来ているようで、この店でお茶を飲んだようで、私が、店を出て車で帰るときに、すれ違いになったそうです。

DSC02250.jpgレストランよこたの前の清川郵便局。
日曜日で休日なので、「よこた」を利用する人たちの車で一杯だった。


日曜日でしたので「よこた」の前の清川郵便局は閉まっていましたが、郵便局の駐車場に駐車をして「よこた」を利用しているそうです。
今度は洋食を食べてみたいと思います。
posted by ogu at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

久留里のティールーム エリー

円如寺の大賀ハスを見てから、前から行きたいと思っていた「エリー」に寄って紅茶を飲みました。
エリーはコーヒーよりも紅茶の専門店のような情報があったのでコーヒーが飲める店を優先したのです。
ティールーム エリーは ウェブのサイトによると 2015年9月にオープンをしたようです。
前から知っていたのですが、今回初めて入ってみました。

DSC02216.jpgティールーム エリー。
平屋の店で、10台分の駐車場もある。
地元の紅茶好きのオーナーが2015年9月に開店をした。


DSC02215.jpgティールーム エリーの入口。
入ると正面に小物売場。
左側に椅子が並べられて奥にトイレがある。
店は右側になっていて、ゆったりとしたレイアウト。


DSC02214.jpgティールーム エリーの店内の正面。
イベントルームで造られた小物などが中心なのだろう。


DSC02208.jpgティールーム エリーの店内。
ここが、お茶や食事をする部屋。
ソファーの席もあってゆったりとしたレイアウト。
奥にイベントレッスンルームがある。
定期的に開いているレッスンが開かれる部屋。
パーティーなどでも利用が出来るようだ。


この店はコーヒーやココアなどもメニューに載っていましたけれど、やはり紅茶が主流です。
紅茶のポットとスコーーン2個が付くクリームティ・セットを頼みましたが、スコーンが売り切れだったのでケーキセットにしました。
紅茶は アールグレィ、ケーキはガトーショコラにしました。
紅茶は丁寧に入れられていて ポットには 3杯分入っていました。

DSC02211.jpg紅茶のポット。
3杯分の紅茶が入っている。


DSC02210.jpgガトーショコラ。
味は悪くない。
アールグレィにもよくあっていた。


DSC02221.jpgティールーム エリーの前の道を行くと久留里の交差点になる。
その突き当りに最近週末に開く商人宿(あきんどやど)で出来た。
しばらく落ち着いてからまた行ってみたい。


この日は土曜日でしたから、久留里の商人宿(あきんどやど)も開いていましたが、あそこのコーヒーは一度飲んでいますから、久しぶりの紅茶も良いですね。
posted by ogu at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 久留里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

久留里の円如寺

君津市久留里の城山郷に大賀ハスを見に行きましたが、大賀ハスが植えられていた休耕田は地主の要望で 3月に返還をされていました。
ですから大賀ハスも見られなかったので、前に円如寺で大賀ハスの蓮田がありましたのでそちらに行ってみました。
円如寺は真言宗智山派のお寺で江戸時代に黒田直純公が久留里藩主となって以来、黒田氏の祈願所になっていますが、花の寺として有名で 9月の萩の頃に萩祭りが開かれます。

DSC02170.jpg山王山薬王院円如寺。
真言宗智山派のお寺。
開創は應永2年(西暦1395年)。
江戸時代に黒田直純公が久留里藩主となって以来、黒田氏の祈願所。
石段の下には花壇があって花が咲いていた。
あじさいも何か所かに植えられていた。
9月に萩祭りが行われる。


一年中、なにかの花が咲いていますが、ここに大賀ハスも植えられているのです。
行った時間が午後になっていましたから花は萎んできていましたが、一応咲いていました。

DSC02187.JPG大賀ハスは、咲いていたが、行ったのが午後だったので花がつぼみ始めていた。


DSC02188.jpg大賀ハス。
蓮田は、あまり広くはないが、専門家に依頼をして大賀ハスであることを認定してもらっている。


DSC02194.JPG大賀ハス。
今年は、天気が良ければもう一度午前中に来てみたい。


DSC02178.jpg円如寺。
第五十五番霊場。
本堂、薬師堂、仁王門がある。本尊は大日如来。
春から夏にかけて、桜・ミツバツツジ・牡丹・花ショウブ・アジサイ・大賀ハス等が次々に咲く。
秋の彼岸の頃には境内は萩の花が咲き、萩まつりが開催される。


大賀ハスは別にして、今年は萩祭りの時期にも来てみたいと思います。
posted by ogu at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 久留里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする