2017年06月27日

久留里の愛彩畑

6月23日に久留里・馬来田バイパスを見に久留里まで行きましたが、ついでに「愛采畑」に寄りました。
ここは、ちょっとした休憩と野菜の買い物をするのには、なかなか良い処です。
国道410号線バイパスもこの近くを通って松ヶ丘に抜けるのでしょうから、今後は便利になりますね。

DSC02090.jpgかずさの郷 愛彩畑。
数件の農家を中心にした農産物直売所とフードコートなどの店。
置いてある農産物や商品も良い。


ここへは、ウェブの情報をたよりにして行ったのですが、国道410号線バイパスの共用区間への連絡道路が少し整備をされましたから急に入りやすくなりました。

DSC02097.jpg県道 93号線にも「愛彩畑」の看板が出されている。
最初はこの入口が分からなかったが、今は簡単に入ることが出来る。


DSC02149.jpg愛彩畑のフードコート。
土曜日のせいか沢山のお客がいた。


DSC02150.jpg愛彩畑の直販部。
安いとは思わないが良い品物が多い。


DSC02153.jpg愛彩畑と道路を隔てて真向かいに「イレブンキャンプパーク」という大きなキャンプ場がある。
土曜日だったせいか沢山の人たちが来ていた。


DSC02155.jpgイレブンキャンプパークの入口。
車で泊まりに来る人が多いようだ。
立派なコテージも4種類16棟もある。


国道410号線バイパスは、この近くから広岡まで 3.5km の道を整備しているはずですが、どのあたりに道を造るのでしょうか。
パイパスの配置図によると、キャンプ場の中を突っ切るか上総自動車練習場の近くを通るようになっていますけれど、わかりませんね。
posted by ogu at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 久留里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

久留里城山郷の大賀ハスはなくなっていた

今年も君津市久留里の城山郷にある大賀ハスを見に行きましたが、管理をしていた NPO法人久留里城山郷かずさ活性化の会(略称 NPOかずさ)が今年(2017年)3月に休耕田を返して大賀ハスはなくなっていました。

DSC02137.jpg城山郷自然園の閉鎖のお知らせ。
MPOかずさが借りていた休耕田の返却要求があったようで、2017年3月で城山郷自然園が閉鎖をした。
大賀ハスと上総掘りの櫓が造られていて、なかなか良い場所だった。


大賀ハスとはじめ上総掘りの櫓も展示されていました。
大賀ハスは 2003年に 千葉市から 20株譲り受けて植えたそうです。
城山郷自然園が閉鎖をしたのは NPOかずさに対して 休耕田を貸していた家から返還要求があったのでしょう。

DSC02138.jpg現在は、木道も閉鎖をされていて、自然園の原状回復作業が行われている。
上総掘りの櫓も撤去されていた。


DSC02136.jpg城山郷自然園の全景。
写真などを展示してあった小屋と、閉鎖をされた木道は残っているが、そのほかはほとんど撤去をされている。


蓮田は残っていましたけれど大賀ハスは咲いていませんでした。

DSC02139.jpg城山郷の駐車場とつなぐ木製の階段。
急な階段だけれどこれがないと蓮田に行くのには回っていかなくてはならない。


大賀ハスがそろそろきれいに咲いていると思ってきたのですが残念でした。
昨年、萩を見に行った久留里の円如寺にも大賀ハスが咲いていると思いましたから、この後で行ってみました。
posted by ogu at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 久留里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

国道410号線バイパスの共用済道路の連結

国道410号線というのは館山市から木更津市まで房総半島の真ん中をつなぐ道路ですが、酷道と呼ばれるくらいひどい部分が何か所かあります。

410号バイパス2.JPG酷道410号線バイパス。
まがいなりにも愛宕までのバイパスは、ほぼ出来たので、後は山滝野の 3.5km。
この松ヶ丘あたりが酷道。
途中で枝分かれしたり道路幅が一車線しかなかったり、消滅をしてしまう。
トンネルの崩壊があった酷い道。
普通は地元の人や酷道マニアしか通らない。


このひどい部分を含めて整備をしていますが久留里・馬来田バイパスが開通をするとかなり解決をします。
まともに通れる場所もトンネルの補修工事などで一方通行のことが多いですが、上総亀山や亀山湖に行くときには利用をしています。
君津に住んでいたころはこの道ではなく無料化された房総スカイラインを通って亀山湖方面には行っていました。
まだ、大分かかるようですけれど、5月21日に俵田地先と富田地先 1.4km が開通しました。
富田地先と愛宕地先 1.2km はすでに供用中になっているのですが、共用部分への連絡道路は知らされていませんから地元の限られた人たちだけが利用をしているのです。
私は、久留里駅の南側の県道93号線に近い「愛彩畑」で買い物をしてから愛宕にある国道410号線バイパスへの連絡口から入りました。
この道路も 5月末までは工事をしていて入れませんでした。

410号 県道33号線接続1.JPG国道 410号線バイパスと県道 93号線の接続。
般若寺近くまでしか道路が書かれていなかったが接続の道路も書かれたようだ。


DSC02098.jpg国道410号線バイパス 県道 93号線との連絡道。
5月20日頃にはまだ工事中だった。
急遽、連絡道を造ったのだろう。
もとから細い道があったのかもしれないが、地元の人にしかわからなかっただろう。


もうすでに供用をされている国道410号線バイパスは、まだきれいでした。
地元の小型自動車しか使っていなかった道ですから当然ですけれど。

DSC02103.jpg国道410号線バイパスの富田ー愛宕間は、前から共用されていたが、連絡道も知らされていないので地元の人しか知らなかった。
きれいな道を少し走ると「この先 直進不可 追突注意」の看板が出ていた。


DSC02104.jpg看板から少し進むと、新しく出来た国道410号線バイパスとつながる場所にガードレールがあって左右に行く矢印が出ていた。
新しいバイパスにつながる道は右折をする。


DSC02105.jpg県道145号線との連絡口。
ここを左に行くと新しく出来た国道 410号線バイパスにつながる。
上の写真のガードレールを外せば、国道バイパスは繋がるから、もう少し整備をしてからガードレールを外すのだろう。


富田ー愛宕の連絡道はまだ正式なものではありませんが、いずれきちんとつながるでしょう。
posted by ogu at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 久留里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする