2017年06月19日

桜木町駅から馬車道駅を通ってよこはまコスモワールドに行った

6月15日に 会社時代の仲間と横浜イングリッシュ・ガーデンでアジサイを見てから、ベイ・クォーターで食事会を開き楽しい時間を過ごしました。
折角、横浜に行ったのですから、桜木町のホテルに泊まって翌日、運河のあたりを散策しました。

桜木町のホテル1.jpg2017年6月15日に泊まった JR桜木町駅西口の「ブリーズベイホテル」。
部屋はツィインのシングルユースで広く快適だったが、WiFi が無いのが少し不満。


久しぶりの都会ですから良いですね。
横浜で仕事をしていたころも伊勢佐木町や関内あたりには良くいって飲んだのですが、桜木町界隈はあまり歩いていなかったのです。
桜木町駅は、かつて日本に開通をした時の「横浜駅」です。
私がつきみ野に住んでいたころは東横線の終点でした。

桜木町駅1.jpgJR 桜木町駅(西口側から)。
今はリニューアルされているが、1872年(明治5年)に品川ー横浜間に日本で初めての鉄道が出来たときの横浜駅だった。
1915年(大正4年)に今の横浜駅に駅名を譲り「桜木町駅」に改称をした。
関東大震災で最初の駅舎は焼失し、改築したが現在の桜木町駅駅舎は 1989年(平成元年)に横浜博覧会の時に移設、新築をされたもの。


JR 桜木町駅は、普段は東口に出ますから、西口側から見るのは初めてでした。
野毛の方には何回か行っていますけれどいつも IR 伊勢佐木町駅まで歩いていましたから JR 桜木町駅の西口は見ていなかったのです。

馬車道駅1.jpgみなとみらい線馬車道駅。
横浜アイランドタワーの地下の 1b口への入口。


JR 桜木町駅を越えてから東側に行き、大岡川を渡って馬車道駅を眺めながら萬石橋の方に歩くと横浜市第二合同庁舎がありました。

横浜市第2庁舎.jpg横浜市第2合同庁舎。
かつても生糸検査所の建物。
耐震性対策で解体、移設、復元をした。


かつての生糸検査所(キーケン)の建物でしたが耐震性の問題で解体をされて北仲通りに移設され、横浜市の合同庁舎として復元されたそうで建物の前に説明が出ていました。
横浜はこういった建物が沢山ありますから面白いですね。
横浜市第2合同庁舎の先の海岸通り4丁目の交差点のところからランドマークタワーがきれいに見えて撮影をしていました。

ランドマークタワー1.jpg北仲通りからのランドマークタワー。
海岸通り4丁目の交差点からは障害物もなくきれいに見えた。
ランドマークタワーはどこからでも見えるが、この位置は撮影ポイントの一つだろう。


北仲通りの駐車場の先は水際線プロムナードと名付けられた歩行者専用道路になっていて、運河沿いのランドマークタワーなどを見ながら歩けて良い場所です。
ここを歩いて、萬国橋を渡って水際線プロムナードの対岸の運河パークを歩いて、コスモワールドに行きました。

水陸両用バス1.jpg水陸両用バス「スカイジャック」。
日本丸メモリアルバークと赤れんが倉庫間を走っている。
料金は大人 3,500円。
東京と同じ会社が経営をしているようだ。
写真は、赤れんがから日本丸メモリアルパークに向かうスカイジャック。
運河パークから撮影した。


DSC01920.jpgよこはまコスモワールド。
ランドマークタワーのあたりにあった大観覧車コスモクロック21 が移転されていていまだに人気が高い。


この日は、よこはまコスモワールドでコスモクロック21に乗りましたが、今度は水陸両用バス スカイダックに乗らないといけませんね。
posted by ogu at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする