2010年02月06日

IPv4 が 2011年か2012年で枯渇するそうだ

インターネットのTCP/IPのインターネット・プロトコル IPv4 の使っているビットが無くなって2011年か2012年には枯渇するという記事が載っていましたね。
この話は10年くらい前からあって、当時の森首相も必要だと言っていました。(ご本人が理解していたかどうかはわかりませんが。)
いずれはIPv6(IP バージョン6) に移行をしないと駄目だと言うのはわかっていたんだけれど、まだIPv4 が十分に余裕があったし、移行をするのにはかなりリスクがあるので、手を出せなかったのでしょうね。
IPv4 は 4バイト(4オクテットといった方が良いのかな)のアドレスだから32ビットで表現を出来るのは、2の32乗=42億9496万7296しかないわけで、いずれ無くなることは見えていたわけです。
これを 128ビットのIPv6 にすれば、ほとんど際限がなくアドレスをもてるわけです。
128ビットでアサインが出来る数というのは約340澗(340 兆の1兆倍の1兆倍)個だそうで、確かに無限といえるアドレスが設定できるわけです。ちなみに澗(カン)という数の単位は10の36乗だそうです。

私はコンピュータのハードウェアには永く関わっていたのでIPv4 の8ビットで区切る読み方には慣れていて、分かり易いのですけれど、今度のIPv6 は16ビット単位で区切って16進法(ヘキサデシマル)で表示する様です。この読み方は一番良く使った方法でIPv4 で、わざわざ10進法表示にしていたのよりも個人的には良いんです。

1バイト(オクテット)は8ビットが区切りで16進法ではつぎのように表現をします。
 ビット  読み方 10進法
0000 0000  00   0
0000 0001  01   1
0000 0010  02   2
0000 0011  03   3
0000 0100  04   4
0000 0101  05   5
0000 0110  06   6
0000 0111  07   7
0000 1000  08   8
0000 1001  09   9
0000 1010  0A   10 10進法の10から15までは A~Fになります。
0000 1011  0B   11
0000 1100  0C   12
0000 1101  0D   13
0000 1110  0E   14
0000 1111  0F   15
0001 0000  10   16
0001 0001  11   17

8ビットの区切りで 最大は '1111 1111'で16進法なら'FF' と読んでいました。10進法では 255 になります。
IPv6とIPv4とは、全く違ったアドレシングですから互換性の問題があって、IPv6の最後の32ビット部分にIPv4 のアドレスを入れ込む方法などを整備しているようですが、ハードウェアの対応を含めて大変でしょう。
IPv6は、アドレスは読みやすいのだけれど、桁が多いのが困りますね。
ラベル:IPv4 IPv6
posted by ogu at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック