2011年01月31日

ブラウザの行動追跡拒否機能

このところブラウザの次期バージョンに「行動追跡拒否機能」を搭載するというニュースが出ています。
これは米連邦取引委員会(FTC)が、ユーザーに広告ネットワークの行動追跡を簡単にオプトアウトできる仕組みを提供するように提案したことに対応をした動きです。
「オプトアウト」というのは「ユーザの許諾無く、一方的に広告メールを送りつけること。また、それを拒否して広告を送付しないよう企業に依頼すること。」となっていて、ユーザーの事前承諾なしに送られるダイレクトメールを「オプトアウトメール」と言うそうです。
FTCではオプトアウトの仕組みを「Do Not Track」と言って電話の「Do Not Call(セールス電話拒否)」リストをブラウザとウェブに置き換えた機能だと言っていますね。

特に Coogle は1月24日に「Keep My Opt-Outs」という拡張機能をリリースしていますので、インストールをしてみました。

Chrome Addon Keep My Opt-Out.JPGGoogle Chrome の拡張機能「Keep My Opt-Out」のインストールサイト
すべてのクッキーを削除した場合でも、オプトアウトの設定は維持される。

通常はクッキーを削除してしまうとオプトアウトの機能が消えてしまうのですが、この拡張機能では、維持されるそうです。
Google ではこの機能を他のブラウザでも使う事が出来るように、オープンソース化をするということです。

Chrome Addon.JPG私の PC の Google Chrome にインストール済みの拡張機能リスト
あまり増やさないようにしているけれど結構インストールされている

Mozilla は他の方法でオプトアウト機能を搭載するそうだし、マイクロソフトは IE9 で新たなプライバシー保護機能「Tracking Protection」を搭載すると言っています。
いずれにしてもこの機能は主要なブラウザには搭載されるはずですから今年はブラウザの外見も含めて様変わりをしますね。
posted by ogu at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183167604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック