2015年11月23日

旧鶴舞発電所

小湊鐡道 上総鶴舞駅の構内に、旧鶴舞発電所跡が残っています。
これは、小湊鐡道がかつて発電事業も経営をしていて、1923年に自家発電の認可を受け上総鶴舞駅構内に発電所を建設、1925年3月2日に完成しています。
75kwのディーゼル発電機2台(1台を予備)を備え駅舎の電灯や信号用に使用していたそうです。
やがて沿線住民からの要望によって1925年に申請をして1926年に認可がおり、1927年9月から近隣の六ヵ村に送電を開始して、最終的には合計2200戸、3300灯の電気を供給していますが、その後1933年に鶴舞発電所を廃止し東京電灯からの買電に切り替え、1942年11月には電気事業を関東配電に統合し、小湊鉄道の電気事業は廃止されています。

旧鶴舞発電所.JPG小湊鐡道 上総鶴舞駅構内にある旧鶴舞発電所跡。
もともとは駅舎や信号用の発電だったが近隣にも送電をした。
1942年に電気事業は廃止された。


鶴舞発電所跡2.JPG旧鶴舞発電所跡。
建築年は 大正14年3月2日。
上総鶴舞駅構内にあって発電所への引き込み線の跡も残っている。
現在は小湊鐡道の資材倉庫として利用されている。


鶴舞発電所碑2.JPG小湊鐡道上総鶴舞駅構内にある「鶴舞発電所跡」の碑。
今は使用をしていない島式ホームの後ろにあるので気が付かない。


旧鶴舞発電所は、今も小湊鐡道の資材倉庫として利用をされているようです。
posted by ogu at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック