2016年09月27日

カメラのレンズの修理ができたという連絡があったのでケーズデンキに取りに行った

友人のお通夜に行ったときに、路肩で滑ってけがをした時にカメラのレンズが壊れてしまいました。
表面上はあまり問題がなく見えたのですが、カメラがレンズを認識しなくなりました。
最近のレンズは、ICチップのようなものを積んでいて、マウントをするとレンズを認識するようです。
仕方がないので近くのケーズデンキにもっていって修理を依頼しました。
修理に出したレンズは SONY の SELP1650 というEマウントのレンズです。

SELP1650.JPGソニーの SELP1650。
Eマウントの3倍ズームで使いやすい。
レンズに ICチップが入っていてレンズの認識をしているのが厄介だ。


35mm版で広角24mmから中望遠75mm相当までをカバーしていて、全長29.9mmの軽量・薄型化をしているEマウント専用の約3倍ズームレンズです。
ミラーレス1眼カメラの NEX-6 に着けていて普段は軽くて画角もちょうどいいので使いやすいのですが、機器認識のチップを積んでいてカメラのレンズとしては少し弱いです。
修理代は 15,580円でした。
標準価格が 40,000円で 今の価格が 28,700円台ですから、まぁ良いでしょう。

ケーズデンキ君津店1.JPGケーズデンキ君津店。
家から車でなら 5分ほどで行くことが出来る。
駐車場が広いから、利用しやすい。


修理の窓口はパソコン売り場のそばにあって、料金は通常のキャッシャーで行いますから、少し手間がかかります。

ケーズデンキ君津 エスカレーター1.JPGケーズデンキ君津店は、売り場が2階にあるので、上り下りにはエスカレーターかエレベーターを使う。
これはエスカレーター。
一階は室内駐車場がある。


すぐにレンズを入れて、久留里に向かいました。

IMG_7990.JPGカメラとレンズ。
カメラはソニーのミラーレス NEX-6。
ファインダーがついているのが良い。
レンズに 40.5mm のフィルターを着けている。


これで、日常のスナップ写真を撮りやすくなりました。
posted by ogu at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442233345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック