2017年01月31日

竹岡のヒカリモ発生地

富津市の竹岡にあるヒカリモ発生地は平成25年10月の台風の影響で崖崩れが発生し復旧工事のため立ち入り禁止になっていました。
既に4年もたつのですが、やっと富津市のウェブに立ち入り禁止解除の情報が載りました。
「竹岡のヒカリモ発生地」のように毎年多量に発生する所は他になく、我が国最初の発見地として、指定基準「池泉等の珍奇な微生物等の生ずる地域」に該当し、昭和3年(1928年)11月30日、国指定天然記念物に指定されたそうです。

竹岡 ヒカリモ発生地3.JPG竹岡のヒカリモ発生地。
小さな井戸で、水は溜まっているが光ってはいなかった。
菜の花が咲く3〜5月くらいに陽を浴びて金色に光るそうだ。


ここは、マルゴという磯料理の店の隣にあって、私も金アジを食べに行ったこともありますが、その頃は立ち入り禁止でした。

竹岡 黄金井戸1.JPG竹岡の黄金井戸。
ヒカリモが発生をする井戸は黄金井戸と呼ばれている。
鳥居を潜るとすぐに井戸がある。



1月19日に、をくずれ水仙郷に水仙を見に行った帰りでしたから、館山自動車道は通らずに一般道(国道127号線)を通って、帰りに竹岡のヒカリモ発生地に寄ったのです。
ヒカリモは 3月〜5月くらいがきれいなようで、行った日には、まだ光っていませんでしたが洞窟を見てみたかったのとそばにある皇神社に登ってみたかったのです。

竹岡 皇神社1.JPG黄金井戸の右手にある階段を登ると皇神社がある。
かなり急な階段だ。
上からの見晴らしは良い。


竹岡 皇神社3.JPG皇神社のそばからの景色。
天羽漁協漁業センターが前にある。
竹岡漁港はもっと北にあるから漁港は天羽漁港だろう。


竹岡駅1.JPG黄金井戸から徒歩4分の場所にある JR竹岡駅。
駅舎は 2006年11月に取り壊され、2007年2月に改築された。
君津駅管理の無人駅。


千葉県の鋸南から富津あたりでしか取れない金アジは黄金井戸の隣にあるマルゴで 2年くらい前に食べました。
これも有名な竹岡ラーメンの元祖の梅乃屋は徒歩で30〜40分ほどのところにあります。
何年も前に一度行きましたが、今はもっと混んでいるようですね。


posted by ogu at 17:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 富津市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小湊鐵道養老渓谷駅、 駅前広場の緑地化工事が始まります。
アスファルトを剥がして、木々を植えるそうです。田舎の小さな駅だったのが、おしゃれな駅前になってしまうそうです。せっかくの田舎の味が台無しですね。
去年、7月に駅長さんが変わって、駅構内の雰囲気が変わりました。「どこかの家の庭」のような和やかな雰囲気がなくなり、殺風景なただ古いだけの駅になってしまい、ガッカリしていました。
緑地化工事でさらに、渓谷駅の魅力がなくなってしまいます。
小湊鐵道の魅力を、小湊鐵道自身がわかっていないようですね。残念です。
渓谷駅に住む駅猫の「駅猫Diary」という写真集がでていました。
Posted by 猫丸 at 2017年01月31日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック