2017年03月25日

小湊鐡道 月崎駅で上りの里山トロッコに会った

3月17日に小湊鐡道養老渓谷駅の近くの石神に行って里山トロッコを撮影した後、好きな月崎駅に寄りました。
この月崎駅は、桜の花もきれいで撮影に来る人も多い駅ですが、私が駅に着いたときに、丁度、里山トロッコが養老渓谷駅方面の上総大久保から飯給(いたぶ)駅に向かうところでした。

里山トロッコ at 月崎駅 1.JPG上総大久保駅から飯給駅に向かう里山トロッコ。
写真では右から左に動いている。


里山トロッコ at 月崎駅 2.JPG左の飯給駅側に通過をした里山トロッコ。
蒸気機関車型型車両が後方になる。


私は養老渓谷駅発 14:02 の里山トロッコを石神を通るときに撮影をして、すぐに月崎駅に来たのですが 14:10 頃でした。
月崎駅に着いたのが 14:17 頃で 里山トロッコが月崎駅を通る 14:08 に間に合ったのです。

月崎駅 案内板.JPG月崎駅の案内板。
里山トロッコは、かずさおゝくぼ(上総大久保) から いたぶ(飯給)に向かって動いていたことが分かる。


月崎駅 2.JPGホームから見た月崎駅。
無人駅だからホームへの出入りも自由。


月崎駅は「いちはらアートxミックス 2017」の準備中でした。
私と連れ合いは 2014年4月27日に「いちはらアートxミックス」に行きましたが今年もアートxミックスを開催するようです。

もりらじお 1.JPG月崎駅のそばにある「もりらじお」。
かつての小湊鐡道の保線員の詰所小屋を森に見立てた作品。
2014年のいちはらアートxミックスで出来た作品だが、芸術祭後も近隣の有志が保持を行っていて今年も中心的存在になっている。


美術館で見るような作品とは違いますけれど素朴な温かみのある芸術祭です。
特にこの月崎駅にある旧保線員の詰所小屋を森に見立てた「もりステーション」は芸術祭の中心になっています。
posted by ogu at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 市原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック