2017年06月21日

いちはらクォードの森の菖蒲

6月9日に久留里に水を汲みに行ってから、久しぶりにいちはらクォードの森に行きました。
ホームサイトには何も書かれていないのですが、ここは今の時期になると管理棟の裏あたりに菖蒲が咲いてきれいなのです。

DSC01577.jpgクォードの森の管理事務所。
森の入口にある。
情報発信にはあまり熱心ではないようだ。


行ったときには知っている人も多いようで車も結構駐車をしていました。
私は、昨年行った時期を基準にしているのですが、もっと細かく調べて行っているのでしょう。

DSC01584.jpgいちはらクォードの森の菖蒲。
丁度良い時期に行ったようだ。
一区画だけは花が少なかったが、他の三面は素晴らしい咲き具合だった。


DSC01585.jpg菖蒲の種類には、大きくいって花菖蒲、あやめ(菖蒲)、かきつばた(杜若)があるが、全てアヤメ科アヤメぞ属なので非常に近い仲間。


クォードの森の菖蒲は丁度良い時期に行ったようです。
一区画はあまり咲いていませんでしたけれど、他はほぼ満開でした。

DSC01588.jpgいちはらクォードの森の菖蒲は 背が 80cm 以上あって、花が大きく、種類も多いから多分、花菖蒲だろう。


ここは水気が少ない畑地で湿気も少しありそうですし、背が高めですから多分、花菖蒲でしょう。
この菖蒲畑のそばに丘があって「花見の丘」と書かれた看板があって、階段が組まれていましたので登ってみました。

DSC01610.jpg菖蒲畑のそばの丘。
「花見の丘」と書かれた看板が出ていて、丸太で組んだ階段が造られている。


DSC01612.jpg花見の丘を登ると四阿(あずまや)があったが、この四阿からは花が見えなかった。


菖蒲が見下ろせる場所は、坂を少し上がった場所までで、丘の上の四阿では、花は見ることが出来ませんでした。
時期によって他の花を見ることが出来るのかもしれません。
いちはらクォードの森は広いのですが、菖蒲畑は管理棟のすぐ裏です。
冬になるとイルミネーションできれいな場所ですから、毎年何回か行っています。

DSC01649.jpg小湊鐡道 月崎駅。
無人駅だが、良い駅舎だ。
桜やなの花の時期は美しい花が咲くので、写真撮影に訪れる人が多い。
クォードの森や月崎駅にイルミネーションが飾られる時期には無料バスが発着をする。


クォードの森への入口から数百メートル先に小湊鐡道の月崎駅があってイルミネーションの時期には無料のバスも出ています。
posted by ogu at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 市原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック