2016年08月06日

iPad の「NHK時計」

私が持っている iPad は2代目の古いものですが、Google フォトや Amazon フォトができたので、あまりメモリーも食わないようになったので愛用をしています。
モバイルルーターもありますから 旅行の時などは、持ち歩いていますけれど普段は「NHK時計」の画像を出しっぱなしにしています。
この「NHK時計」は、1968年〜91年ごろまで、NHK で使用をしていた NHK時計を模したもので、かなり前から気に入って使っていました。

iPad w NHK時計1.JPG回復をして順調に動いている iPad の NHK時計。
アナログ的表示で懐かしいデザイン。
青と木目調の2種類のデザインがあるが、私は青のデザインを使っている。
NHK の文字が入っているのも良い。
普段はこのままにしている。


家には他にも時計があるのですが、キッチンの方にありますから、見に行かないといけません。

家の時計1.JPG家の時計。
電波時計だから、時間は正確だけれど、キッチンのテーブルの上にかかっているから、テレビの方からは見にくい。


家のかけ時計は電波時計で数カ月前に電池も入れ替えかばかりですから、正確なのですがリビングからは、離れていますから見にくいので、いつもは iPad の「NHK時計」が良いのです。
しかし iOS をアップグレードしてから、NHK時計がすぐに落ちてしまうので、TV の横に時計代わりにつかっていましたから不便でした。

iOS 9.3.3.JPGiOS のバージョンを 9.3.3 に更新したところ NHK時計のウィジットも回復をした。
前のバージョンでは時計表示でかなり多くの不調が報告をされている。


今回 iOS のバージョンが 9.3.3 に上がりましたので更新をしたところ「NHK時計」も通常通り動くようになりました。
前のバージョンでは、かなり多くの時計表示の不調が報告されていますが NHK時計も同じでしょう。

NHK時計 スクリーンショット1.JPGiPad の「NHK時計」の スクリーンショット。
NHKテレビで時報のお知らせて使われていたデザインの模している。
レトロだけれど、見やすくて良い。


やはり見慣れている時計表示でわかりやすいのが良いですね。
現在は、落ちることもなく安定をして表示がされています。
posted by ogu at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

iOS 8.1.3 にアップグレードをした

私は Apple、マイクロソフトなどの情報は Google Aleart に登録をしてありますので、あまり見過ごすことはありません。
アップルは最近は Apple Watch の話題が多いので、興味がないのでほとんど見ませんから、少し見落としもあるかもしれません。
1月29日に、アップルが iOS 8 のバージョンアップのことが出ていましたからアップグレードをしました。
私は iPod や iPod touch なども持っていませけれど iOS 8 は対象外ですから、対象となる iPad2 と iPhone 5 のアップグレードです。

iOS8.1.3 update on iPad.JPGiOS8.1.3 のソフト・アップデート。
図は iPad2。
iOS 8 のインストールの時はサイズが大きすぎて更新に時間がかかり多くのユーザーからクレームがあったそうで、アップルはサイズを少なくしたようだ。


新しいバージョンは iOS8.1.3 です。
C/NET の情報によると次の様に画かれています。
- ソフトウェアアップデートの実行に必要なストレージ容量を低減
- 一部のユーザーが「Messages」と「FaceTime」の「Apple ID」パスワードを入力できない問題を修正
- 「Spotlight」でアプリの結果が表示されない問題に対処
- iPadでマルチタスク用ジェスチャが機能しない問題を修正
- 統一学力テスト用の新しい構成オプションを追加
- バグ修正、安定性の向上、パフォーマンスの改善

iOS8.1.3 update coment.JPGiOS8.1.3 のコメント。
C/NET に出ていたような詳細については書かれていない。


今回のソフトウェアアップデートはアップデートのサイズを小さくしてインストールを容易にしたそうで、取り込みもすぐに終わり、インストールも簡単に終わりました。
確かに iOS 8 にアップデートをするときにはサイズが大きすぎて時間がかかっていましたからユーザーから、かなりクレームがあったそうです。
いつまでもインターネットに接続をしていて終わる時間が判らないというのは困りますから、簡単に更新が出来ることは重要です。
今回のアップデートは、ファイルサイズが iPhone 6が247Mバイト、iPad Airが244Mバイトだそうですから、私が持っている iPhone 5s と iPad2 でも同じ程度でしょう。
とにかく更新は簡単に終わりました。
タグ:ios8
posted by ogu at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

iOS8 をダウンロードしてみたが Dropbox で問題があったようだ

アップルは iPhone6/6plus の発表で大騒ぎになっていますが、iOS8 も正式にリリースされました。
私が持っている Apple の機器で iOS8 に対応をしているのは、2代目iPad と iPhone 5s の2機種だけですが、両方の機器に iOS8 をアップグレードしてみました。

iOS8 update1.jpgiOS8 アップフレード。
これは iPad 2 の更新画像。
更新の時間は結構かかったけれど、何も問題がなく終了した。
iOS8 対応のアプリの更新も Dropbox を含めて問題がなかった。


続いて iPhone5s への iOS 8 のアップグレードです。
これもエラーもなく正常に更新がされました。

iOS8 update on iPhone5s.jpgiPhone5s への iOS 8 の画面。
問題なく更新されている。
アプリケーションは、まだ iOS 8 対応になっていないものもあった。
特に Dropbox の写真画像の取り込みについては、最初は問題があって、更新が中止されていた。


Dropbox でカメラのデータのバックアップが出来ないとか、メールの内容がブランクだったりするエラーが発生していたようです。
Dropbox は PC や、iPad、iPhone には入れてあるのですが、PC の Dropbox のアイコンが消えていました。
データーファイルは残っているようですが Dropbox のアプリも消えていました。
仕方がないので Dropbox を、もう一度ダウンロードしなおしましたが、今は Dropbox の iOS8 対応のバグも修正されたようです。
これに関する情報が ウェブに出ていました。
US時間で 9月18日には、修正されたようです。
私の Dropbox の データも無事でした。
------------------------------------------------------------------------------------------------
Dropboxは、iOS 8にバージョンアップすると、写真の自動バックアップ機能が正常に働かない問題が発生していることを明らかにしています。
具体的には、iOS 8の環境下ではカメラアップロード機能(自動バックアップ)を有効にしている場合でも、「最近追加した写真」アルバムのコンテンツのみが自動的にアップロードされるだけとなってしまうといいます。
このため、Dropboxアプリの最新版(iOS 8)では自動バックアップ機能が一時的に停止されており、写真や動画は手動でDropboxにバックアップしたことを確認するまでは、デバイスから削除してしまわないよう注意喚起しています。
Dropboxはこの互換性の問題についてAppleに報告し、解決に向けて対策中としています。

(9月18日 11:15更新)
Dropboxは、上記の問題を修正したと発表しました。

最新版のDropboxアプリにアップデートすることで、カメラアップロード機能を問題なく利用できるとしています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
9月20日に iPhone5s に iOS 8 をアップグレードしたのですが、Dropbox のアプリ更新はどうしても終了をしませんでした。
9月21日に再度更新をして見たところ、簡単に後進できました。
iPad の方は問題なく後進が出来たのですが、やはり iPhone 用のアプリとは違うのでしょうね。
ただし iOS 8 に対応をしていないアプリも相当あるようで、ウェブには、文句がいっぱい出ています。
例えば、Apple の正式ブラウザの Safari も表示できないようです。
しかし、私は Dropbox 以外のアプリでは、動かなくても困りませんから、気にしないことにします。
タグ:ios8 iOS 8 Dropbox
posted by ogu at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

アップルの iOS 7.1.2

アップルが iOS 7.1.2 を公開しましたから、iPhone 5s と iPad(2代目)の iOS を更新しました。
私は別にMacファンではありませんが、セキュリティ対策は重要だと思っていますので、すぐにインストールをしました。
今回は セキュリティの問題が多いようで、44個の脆弱性を修正したそうですから更新は大切です。
私は他にも iPod touch や iPod を持っていますけれど、iOS 7 のサポート外ですから、今回の更新はこの2機だけです。

いOS8 beta.JPGiOS8 のベータ版は開発者向けにリリースされている。
一般ユーザーは、正式版のリリースまで待てば良い。


すでに iOS 8 のベータ版を iPhone にインストールしている人もいるようですが、今の時期にベータ版をインストールするというのは、馬鹿げていますね。
iOS 8 のベータ版がほしいのは、デベロッパーでしょう。
今回の iOS 8 からデベロッパーにオープンをしますから、アプリの確認のためにも急いで欲しいはずです。
ユーザーはデベロッパーにオープンにされますから、良いアプリを早く開発してリリースをして貰うことが重要です。
iOS 8 には今年の秋にバージョンアップをすると言っているのですから、何も急いでベータ版をインストールする必要はありません。
当然バグはあるはずですから、早く入れて困るだけでしょう。
iOS 8 はこれまでで最も大きな機能変更をする様ですから、楽しみにしてみたいと思います。
特に撮影をしたばかりの画像を iCloud ライブラリーに保存してどの機器でも見ることができるというのは良いですね。


タグ:IOS
posted by ogu at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

アップルの CarPlay

アップルが iOS7 から iOS7.1 にアップグレードをしましたね。
現在は Siri を使う事が出来る アップルの機種を持っていませんから、あまりアップグレードに乗り気ではありませんでしたが、家にある 2代目 iPad を見たら、iOS7.1 がロードされていました。
ですから iOS7.1 をインストールして見ました。
今のところ何もメリットはないのですが、アプリが対応しなくなるのも問題ですから、導入だけをしたという感じです。
アプリは 40 個以上更新をされていましたからすべて更新をしました。
今回のアップデートの売りは「CarPlay」でしょうし「Siri」も良くなっているようですから、新しい iPad や iPhone ならばメリットがあるのでしょう。
自動車メーカー各社は、積極的に対応をしようとしているような報道が多いですが、CarPlay の技術的な説明がありませんがら、今のところは???ですね。
アップル の持っている技術とSiriなどの機能を考えると、いずれは良くなるだろうなという感じはしますけれど、MAPのお粗末さを考えると、最初からこれが絶対という気にはなりません。
今、私は自家用車を入れ替えるので納車待ちの状態です。
新しい車はホンダのフィット・ハイブリッドですが、これには「インターナビ」も付けていますが、今回のアップルの発表の「CarPlay」との融合性が分かりません。
インターナビ自体が素晴らしいシステムで、ヨーロッパの車よりも、日本の事情にあった、きめの細かいシステムになっているように見えますから、CarPlay がそれをすぐに凌駕するとも思えないのです。
少なくともフィット・ハイブリッドは CarPlay の対応車ではありませんが、ホンダの車のほとんどは自社の「ナビ」ではなくディーラーオプションの「インターナビ」ですから、基本的にインターナビがアップル「CarPlay」に対応をするはずです。

ios71.jpg実際に CarPlay 対応車を発表をしているのは、フェラーリ、メルセデス、ボルボだが、交通システムとしての開発をしているのだろうか。
米アップル発表の iOS7.1 の下の画像はホンダ車らしいが、車単体での対応のような気がする。

アップルの発表資料には「CarPlay」対応のホンダ車の写真が載っていましたが、今後はインターナビではなくて自社のナビを中心にしていくのでしょうか。
インターナビのデーターベースは情報によると素晴らしいようですから、簡単に乗り換えはしないでしょう。
それにアップルよりも優れたマップを提供している Google も、そのまま放って置くわけがないでしょう。
また、道路交通情報通信システム(VICS)などが、iOSをサポートしていませんから将来のシステムとしては魅力的ですが全面的には利用が出来ないでしょう。
システムとして考えるのは重要で、国を含めてシステムの構築が出来ないと意味がありません。
そして当然のことながら自動車メーカーはアップルだけでなく、すべてのスマートフォンに対応するようになるでしょう。
とっかかりとしては「CarPlay」も良いでしょうが、アップルが自動車の操作にエキスパートだとは思いませんから、つまり静観をするのが重要でしょう。
タグ:carplay iOS7.1
posted by ogu at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする