2017年08月12日

館山自動車道 市原サービスエリア(下り)

市川霊園に墓参り、住所変更をして、帰りも館山自動車道の市原サービスエリア(下り)に寄りました。
市原サービスエリア(下り)も 2014年3月に新装開業をしていてきれいです。

市原SA 下り3.JPG館山自動車道 市原サービスエリア(下り)。
館山自動車道は 55.7km しかないのでサービスエリアは市原SA しかない。
君津PA はあるけれど、そこには自販機しかない。
市原サービスエリア(下り)は、結構良い店もあり土産物も十分にある。


市原SA 下り店内5.JPG市原サービスエリア(下り)の店内。
フォルクスワーゲン・タイプ2 T1(ワーゲンバス) が2台置かれている。
(一台は雑貨店に置かれている)。


市原サービスエリア ワーゲンバス1.JPG市原サービスエリア(下り)の店内。
ワーゲンバスが展示されている。


市原サービスエリア(下り)にはデニッシュパンで有名な「MIYABI」が入っています。

市原SA 下り みやび1.JPGデニッシュ食パンで有名なMIYABI(ミヤビ)。
Mサイズの食パンを購入した。


私は、市原サービスエリア(下り)に行くときにはミヤビでデニッシュ食パン(M)を買っていますので、今回も買いました。
また、他にも「かずさ燻製工房」の燻製しょうゆと燻製オリーブオイルも売っていましたからそれも買いました。
かずさ燻製工房は木更津市にあって、場所も近いですから直接買いに行っても良いのですけれど義妹への土産としても買いました。
posted by ogu at 18:30| Comment(0) | 市原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

市原サービスエリア(上り)

8月7日に市川市の市川霊園に墓参りに行きましたが、朝食は館山自動車道の市原サービスエリア(上り)で取りました。

市原サービスエリア(上り)2.JPG館山自動車道 市原サービスエリア(上り)。
家からは 20km 位しかはなりていないが、朝食を取るのに良い。
2012年3月に新装開業をして、きれいだ。


館山自動車道について少し調べて見ましたが、京葉自動車道から富津市竹岡IC までが館山自動車道で、館山までは繋がっていません。
富津市竹岡IC から南房総市富浦IC までは館山富津道路ですが、これも館山市までは繋がっていないのです。
まぁ富山IC からは国道127号館山バイパスを通ってすぐに館山市に入ることが出来ますが、いずれにしても館山という言葉が入っている高速道(自動車専用道)は館山までは行っていないのです。

かのか1.JPG市原サービスエリア(上り)にある生そば、米粉うどんの店「かのか」。
他にも丼・定食屋、ラーメン店などがある。


いたそば1.JPGかのかのいたそば。
市原サービスエリアにはロッテリアもあったが、朝食にはちょうど良い。


山形のいたそばとは違いますけれど、朝食として軽くて良かったです。
最近のサービスエリアやパーキングエリアは、おかしなまずい品物を売る店はなく、良い店が多くなりましたね。
この後、京葉道路 原木ICで降りて市川霊園に行きました。
市原サービスエリアから 50km 位で、中山競馬場から市川東高校あたりが渋滞をしますが、近いです。
posted by ogu at 17:00| Comment(0) | 市原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

いちはらクォードの森の菖蒲

6月9日に久留里に水を汲みに行ってから、久しぶりにいちはらクォードの森に行きました。
ホームサイトには何も書かれていないのですが、ここは今の時期になると管理棟の裏あたりに菖蒲が咲いてきれいなのです。

DSC01577.jpgクォードの森の管理事務所。
森の入口にある。
情報発信にはあまり熱心ではないようだ。


行ったときには知っている人も多いようで車も結構駐車をしていました。
私は、昨年行った時期を基準にしているのですが、もっと細かく調べて行っているのでしょう。

DSC01584.jpgいちはらクォードの森の菖蒲。
丁度良い時期に行ったようだ。
一区画だけは花が少なかったが、他の三面は素晴らしい咲き具合だった。


DSC01585.jpg菖蒲の種類には、大きくいって花菖蒲、あやめ(菖蒲)、かきつばた(杜若)があるが、全てアヤメ科アヤメぞ属なので非常に近い仲間。


クォードの森の菖蒲は丁度良い時期に行ったようです。
一区画はあまり咲いていませんでしたけれど、他はほぼ満開でした。

DSC01588.jpgいちはらクォードの森の菖蒲は 背が 80cm 以上あって、花が大きく、種類も多いから多分、花菖蒲だろう。


ここは水気が少ない畑地で湿気も少しありそうですし、背が高めですから多分、花菖蒲でしょう。
この菖蒲畑のそばに丘があって「花見の丘」と書かれた看板があって、階段が組まれていましたので登ってみました。

DSC01610.jpg菖蒲畑のそばの丘。
「花見の丘」と書かれた看板が出ていて、丸太で組んだ階段が造られている。


DSC01612.jpg花見の丘を登ると四阿(あずまや)があったが、この四阿からは花が見えなかった。


菖蒲が見下ろせる場所は、坂を少し上がった場所までで、丘の上の四阿では、花は見ることが出来ませんでした。
時期によって他の花を見ることが出来るのかもしれません。
いちはらクォードの森は広いのですが、菖蒲畑は管理棟のすぐ裏です。
冬になるとイルミネーションできれいな場所ですから、毎年何回か行っています。

DSC01649.jpg小湊鐡道 月崎駅。
無人駅だが、良い駅舎だ。
桜やなの花の時期は美しい花が咲くので、写真撮影に訪れる人が多い。
クォードの森や月崎駅にイルミネーションが飾られる時期には無料バスが発着をする。


クォードの森への入口から数百メートル先に小湊鐡道の月崎駅があってイルミネーションの時期には無料のバスも出ています。
posted by ogu at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 市原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

石神のなの花畑と養老渓谷駅

3月30日に石神のなの花畑を見てから養老渓谷駅に行きました。
今回は、里山トロッコの時間に合わせていませんでしたから小湊鐡道のキハ200型気動車を撮影しました。

小湊鐡道キハ200型気動車1.JPG石神のなの花畑を五井駅に向かって走る小湊鐡道のキハ200型気動車。
この車両も風情があって好きだ。
養老渓谷駅発 13:04 の上りだが 13:08頃に通ったから、少し遅れている。
石神のなの花は前に里山トロッコを撮影した 3月12日よりもきれいに咲いていた。


五井駅行き上りの キハ200型気動車 が石神を通りました。
このキハ200型気動車も、趣があって私は好きです。
今回は撮影をしている人も多くて、コスプレのモデルまで来ていましたが撮影の時にはほかに移動をしていて助かりました。

石神の菜の花1.JPG石神のなの花。
かなり撮影に来ている人が多かったが、列車が来るときにはあまり姿を出さなかった。
コスプレのモデルがいなくなったのが良かった。


石神の菜の花畑は、3月12日よりも見頃できれいでした。
養老渓谷駅は、ひとまず逆開発の駅前広場のアスファルトが取り除かれていました。

養老渓谷駅前 2017-03-30 1.JPG養老渓谷駅前のスーパーマーケットの駐車場のアスファルトが取られてロータリーの様になりバス乗り場になっていた。
真ん中の木は新しく植えられたようだ。


真ん中にあったスーパーマーケットの駐車場がなくなってバスの停留所になっていましたから今までよりはすっきりとしてきています。
ロータリー状になっていますが真ん中の木は新しく植えられたのでしょう。

養老渓谷駅 2017-03-30 1.JPG養老渓谷駅。
今までよりは、シンプルになってすっきりした。


少なくとも、最近の養老渓谷駅前よりはずっとすっきりとしましたね。
逆開発のイメージ図とは、大分違いますけれど、少しは良くなりました。
周りの店舗などとの話し合いなどの結果、現実的なものするのかもしれません。
posted by ogu at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 市原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

もりラジオ

3月17日に養老渓谷駅近くの石神のなの花畑と里山トロッコの写真を撮りに行き、帰りに月崎駅に寄りました。

月崎駅 5.JPG小湊鐡道 月崎駅。
JR久留里線の久留里駅からも 10km 程度しかない。
停めてある軽トラックは「もりらじお」を掃除しに来ている人の車だろう。


丁度、ボランティアの人などが月崎駅のもりらじおの周りを掃除していました。
いちはらアートxミックス 2017 が開催されるのでその準備の様でした。

もりらじお 4.JPGもりらじおステーションの周り。
ボランティアの人たちがきれいに掃除をしていた。


もりらじお 1.JPGもりらじお の看板が見える。
左のかつての小湊鐡道の保線員の詰所小屋と裏の広場で休憩が出来る。


私と連れ合いは 2014年4月27日に「いちはらアートxミックス」に行きましたが今年もアートxミックスを開催するようです。
もりらじおステーションの主役のかつての保線員の詰所小屋も整備中でした。

もりらじお 2.JPGもりらじおステーションの入口側。
入口を開けているときにはあまりない。
苔や山野草は壁や屋根にきれいに張り付いている。


もりらじお 3.JPG保線員の使った道具なども残っている。
ヘルメットなども目に付く。
2017年はラジオ機能も復活させるそうだ。


もりらじお 5.JPGもりらじおステーションの主役の小屋。
整備もほぼ終わっている。


月崎駅にある「森ラジオステーション」も人気がありますから今年はいちはらアートxミックス 2017 のタイトルの一つにも選ばれています。

いちはらアートxミックス 2017 春.JPGもりらじおステーションは いちはらアートxミックス 2017 のメインタイトルの一つにも選ばれている。


いちはらアートxミックス 2017 は、4月8日から5月14日までの 37日間開催をされます。
2014年のアートxミックスの時にはコンビニのネットでチケットを購入しましたが、車なしで小湊鐡道や小湊バスを使うのも良いものですね。
食事の時にビールを飲めるのが最高です。
posted by ogu at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 市原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする