2015年08月01日

原鐡道模型博物館 - いちばんテツモパーク

横浜駅の近くにできた「原鐡道模型博物館」は、木更津からの高速バスのターミナルからは、歩いて3〜4分で行くことが出来ます。
夏休みの時期には子供たちが多く乙津れるでしょうけれど、普段は空いていて良いですね。
私は 7月21日に、会社時代の昔の仲間との中華街での飲み会がありましたから、横浜のホテルに泊まった翌日に行きました。
原鐡道模型博物館は、どれを見ても、引きつけられるような物が多いのですが、なかでも「いちばんテツモパーク」という名がついている巨大なレイアウト(鐡道ジオラマ)が最高ですね。
一番ゲージの車両が沢山走り回るのです。

原博物館 一番ゲージ1.JPG原交通模型博物館の「いちばんテツモパーク」。
巨大なレイアウト(ジオラマ)で、一番ゲージの模型が走る。
電車タイプの車両は、架線からパンタグラフを通して宮殿される。


電車は、架線からパンタグラフを通して給電されますから、素晴らしいですね。
蒸気機関車も沢山走っていますけれど、あちらは、普通の鉄道模型のようにレールで給電をしているのでしょう。

ターンテーブル.JPGやはりジオラマには転車台(ターンテーブル)が、ないと寂しい。
転車台は、最近はほとんど実物を観ないが鉄道模型では主役の一つだろう。



一番ゲージ1.JPGいちばんテツモパークは、鉄道のレールを設置してある高さを変えているから、倉庫のような高架も作られている。
少しレトロな感じがして、全体の雰囲気にあっている。



一番ゲージ2.JPG鉄橋。
このジオラマには鉄橋も多く作られている。
車両が鉄橋を渡る光景は良いものだ。



一番ゲージ観覧席.JPG観覧席。
ジオラマの近くにはほかにもシートが置かれているが、イスを並べた観覧席も造られている。



原博物館 1番ゲージ オペレーター.JPGいちばんテツモパークの列車のオペレーター。
赤いジャケットを着た2名の人が操作をしていて、楽しそうだ。
鉄道が好きなのだろう。
照明の変更なども行っているようだ。


この原交通模型博物館には、ほかにも横浜ジオラマなどもあって、楽しめますが、HOゲージですから一番ゲージと比べると迫力が少ないです。

横浜ジオラマ.JPG横浜ジオラマ。
横浜市をテーマにしたジオラマ。
悪くはないが HOゲージなのでいちばんテツモパークのジオラマの迫力はない。


やはり、なんといってもこの「いちばんテツモパーク」が最高に良いですね。
posted by ogu at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

関内のアパホテル

会社時代の仲間と横浜中華街で飲み会を開きました。
久しぶりに横浜でもあるし、翌日は横浜の「原交通模型博物館」に寄って行きたいので関内のアパホテルに泊まりました。
アパホテルは、会社に勤めていた頃に金沢で泊まったことがありますけれど、当時もきれいですけれど極端にサービスを細かく有料化をしたビジネスホテルだなぁと思いました。
あのころは関西にホテルチェーンを広げている頃でしたが、最近は関東でのオープンが多いようです。

アパホテル フロント.JPGアパホテルのフロント。
対応も悪くない。
部屋のキーはカード。


早い時期に会場が決まっていましたので、Booking.com でキャンペーンをしているホテルを見つけて予約をしました。
ここなら、中華街から歩いても近いですからね。
アパホテルには。観光のお客も多いようでしたが、土地柄でしょうね。
横浜市内の観光にはちょうどいい場所ですし、料金も安めです。
ただ部屋は狭いのであくまでもビジネスホテルでした。

アパホテル バス.JPG部屋のバスとトイレは、ユニット。
部屋で WiFi は利用できるが狭く、ユニットバス自体の幅が狭いし、部屋との段差が大きく使いやすくはなかった。


トイレなどはユニットバスですから、狭いし段差もあってく買いにくかったですが、まあこんなものでしょう。
このホテルは 14階建てで、14階に大風呂があるのが良いです。

アパホテルの大風呂入口.JPGアパホテル横浜関内の14階にある大風呂の入り口。
サウナもあってなかなか良い。


このホテルで一番いいのはこの「大浴殿」と書かれた暖簾がかかっている大風呂でしょう。
後でウェブを見るとラジウム人工温泉でした。
私は 23時すぎに行きましたが、常に5〜6人が入浴をしていました。

アパホテル.JPGアパホテル横浜関内の全景。
12階の部屋に泊まったが、周りのビルも高いので眺望は良くなかった。


14階建てなので上の方の部屋にしたのですが、周りのビルも高いので眺望はあまりよくありませんでした。
予想をしていた通り、ただのビジネスホテルでした。
みなとみらい線場所道駅まで歩いて、パンとコーヒーの朝食をとってから横浜の「原交通模型博物館」に向かいました。
posted by ogu at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

横浜中華街での暑気払いミーティング

7月21日に会社時代の仲間の 5人で暑気払いミーティングを開きました。
この仲間での飲み会は大体2回/年ですが、今回の会場は横浜中華街の「菜香新館」でした。
8品のコース料理で、飲み放題付きで 7,000円は安いし、おいしく満足をすることが出来ました。

コースメニュー.JPG今回のコースの料理。
120分飲み放題コースで 7000円というのはお得なコースだ。
ウェブに出ていたメニューは次の通り。

 ●くらげ入り前菜三種
 ●干し貝柱とふかひれのとろみスープ
 ●海老のチリソース炒め
 ●季節の野菜入り黒酢すぶた
 ●伝統の窯焼き北京ダック
 ●元祖海老のウエハース巻き揚げ
 ●かに肉チャーハン
 ●なめらか杏仁豆腐

北京ダックや海老のウエハース巻き揚げは、特においしかった。


写真では見にくいのでウェブに出ていたものをコピーしました。表現は違いますが、同じものです。

北京ダック1.JPGこの店は、専属の人が食べ物を取り分けてくれる。
自分で取り分けることをしないが北京ダックだけは、皮に巻く前に見せてくれる。
5人分とぢては、十分な量だ。


このお店は、専属の女性が、食べ物を取り分けてくれますから、自分では何もしなくてよいのですが、北京ダックだけは、皮に巻き込む前に見せてくれて、確認後に部屋を出て2個/人にして運んできてくれます。

北京ダック2.JPG皮に包まれた北京ダック。
1人2個ずつあって、量も多いから、とても美味しかった。


最近食べた北京烤鴨(ベイジンカオヤ-北京ダック)の中でも美味しかったです。
また、その次に出された「海老のウエハース巻き揚げ」も元祖と謳っているように美味しいものでした。

エビ1.JPG海老のウエハース巻き揚げ。
店でも元祖と謳っているから自慢の品なのだろう。


幹事がお薦めの店のメニューで、北京ダックを入っていますから、とても満足をしました。
メンバーで最高齢の人が「あっさりとした現代の中華料理」だと言っていましたが、まさにその通りですね。
私は、このあっさり味が気に入りました。
食後は、いつもの通りコーヒーを飲んでから解散をしました。
私は、関内のホテルに向かいました。
posted by ogu at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

横浜中華街での飲み物

横浜市内を散策して疲れましたし汗もかきましたが、中華街での予約の時間も近づいてきましたから会場に行きました。
夕方6時半の予約で下が 18時20分頃に着きました。
散策をしない二名はまだ到着をしていませんでしたが部屋には案内されました。

菜香新館.JPG会場の「菜香新館」。
朝陽門(東門)に近い上海路にある。
5階建ての堂々とした店。


店は東門に近い上海路にある「菜香新館」でした。
私は結構横浜中華街では食事をしているのですが、初めての店でした。
でも幹事役の人は、私の好みの味とあっていますから最初からおいしいだろうと思っていました。
8品のコース料理で、飲み放題付きで 7,000円は安いし、おいしく満足をすることが出来ました。

菜香 ドリンク.JPG今回のコースのドリンクメニュー。
120分飲み放題コースで ビール、紹興酒、焼酎があれば十分だ。
長老は、ウーロン茶にした。


ビールはアサヒのスーパードライでしたが、ラベルに中華街の門を入れた中華街特注のものです。

スーパードライ1.JPGビールはアサヒのスーパードライでが、レベルに中華門が書かれた特注だった。


紹興酒は5年もの老酒で「関帝」という名前のものでした。
これは華僑が商売繁盛を祈って、居住地に関帝廟を造り三国志の関羽を祀っているのですから横浜中華街の顔です。

紹興酒 関帝1.JPG紹興酒の「関帝」。
5年ものの老酒。
若干、酸味が強いように思ったが美味しい。
横浜中華街には関帝廟もあって、三国志の「関羽」は中華街のシンボル。


紹興酒は若干酸味が強いようでしたが美味しかったです。オンザロックにして飲んでいる人が多かったですが、氷で割ったほうが酸味が強いようでした。
関帝廟には、何年か前に行きましたが、きれいにされています。
今度、中華街に来た時には、また行ってみたいと思います。
ラベル:中華街
posted by ogu at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

山下公園からの海王丸

赤レンガ倉庫前から山下臨港線プロムナードを歩いて山下公園に降りました。
降りたところにインド水塔があります。

山下公園 インド水塔.JPG山下公園の大さん橋寄りに「インド水塔」がある。
これは、関東大震災の時に被災した在留インド人を救済した横浜市に横浜インド商組合が寄贈をしたインド式水飲み場。
山下公園自体も艦搭載震災の復興事業で造られた。
インド水塔と右奥に大さん橋ふ頭ビルが見える。


インド水塔から、細長い山下公園を歩きましたが、大さん橋に海王丸が係留されていました。
ランドマークタワーの展望台からも帆船のマストは良く見えていましたけれど、山下公園からは船名も読むことができました。

海王丸 大さん橋.JPG大さん橋に停泊している海王丸U世。
海事教育機関の訓練船。
7月21日に入港をしたばかりのようで、14時過ぎに帆を上げる訓練などもしたらしいが、すでに終わったようだ。
海王丸の後ろに停泊をしているのは、航海訓練所の訓練船「大成丸」。


海王丸は 7月21日に入港をしたばかりの様でした。
飛鳥Uなどの大型船は入港していませんでしたが、帆船もなかなか良いですね。
ベイブリッジ側にある氷川丸は、前日(7月20日)が「海の日」だったために7月21日は休日で入ることが出来ませんでした。

氷川丸.JPG氷川丸。
通常は見学ができるが、この日は休日だった。
山下公園のベイブリッジに近い山下ふ頭寄りにある。


丁度、疲れていましたし中華街での勅時の時間も近づいていましたので、山下公園は半分くらいしか歩かないで中華街に向かいました。
疲れましたし暑かったですがなかなか楽しい時間を過ごしました。
posted by ogu at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする