2016年11月03日

本をbook off に売却することにした

私は、本好きで、かなりの本を持っていますが、今回転居をするので、新しい家には入りきれなくなっています。
そのため、仕方がなく売却をすることにしました。
最近は Book off の 宅本便 という自宅まで本を受け取りに来てくれるサービスが出来ましたので、便利になりました。

book off 宅本便1.JPGbook off サイト。
宅本便という仕組みがあって、自宅まで本を引き取りに来てくれる。
本はかなり重いので便利でい良い。


宅本便というのは、段ボールの箱に本を入れて、段ボール箱の数などをインターネットで連絡をすると、Book odd が集荷を依頼している佐川急便が集荷に来る仕組みになっています。
今回、初めて book off 宅本便を使いましたが、だんだん仕組みがわかってきました。
@ 本の引き取りは佐川急便が行うこと。
A 本の引き取り日に、依頼した人が佐川急便に連絡をして確認を取ること。
B 買い取った本の値付け、支払いは、book off に届いてから行うこと。
C 引き取り、支払いに関して本人確認が厳しいこと。
です。
初めて依頼をする人(今回の私が該当)は、自動車免許証などの本人の写真が入っているものを、book off に、アップロードをしておくこと。
送る本の段ボールの中に本人確認のための免許証コピーなどを同梱することなどです。
物品、現金のやり取りがありますから、当然の仕組みで、安心が出来ますね。

book off 取り扱い商品1.JPGbook off 取り扱い商品。
book off は本だけでなく多くの商品を扱うようになっているが、昔のレコードは扱っていない。


book off は、取扱商品が広がっていて CD、DVD、Blue-ray、ソフト、ゲーム機、スマホなども取り扱うようになっていますけれど、私がかなり持っているLPレコードは扱っていないのです。
これについては、ほかの業者を探さないといけませんね。
とりあえず文庫本を 7〜800冊ほど引き取りに来てもらいました。

BOOK OFF に売った本1.JPGBOOK OFF から引き取りに来てもらった本。
少し大きめの段ボール2箱。
重くて持てない。
文庫本ばかり 7〜800冊はあるだろう。
まだ売る予定だ。


まだ、売りたい本もかなり残っていますから、今回の売買が終わってから売りたいと思います。
一昨日、送った本が Book Off に届いたようですから、今日か明日には見積もりも出るでしょう。
posted by ogu at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

楽天も「楽天マガジン」という電子雑誌読み放題プランを発表した

アマゾンが 8月3日に、電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」の提供を日本国内で始めました。
月額980円(税込)で、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle版電子書籍、雑誌、コミックなどが読み放題になるというサービスです。
それに対抗をして楽天が 8月9日から定額制の電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」の提供を開始しました。
「楽天マガジン」は、スマートフォンやタブレットから、約200誌の電子雑誌を月額・税抜380円(税込410円)、または年間・税抜3,600円(税込3,888円)で楽しめるサービスで、金額は楽天の方が安いです。
でも電子雑誌だけに限られるのでしょう。

楽天マガジン1.JPG「楽天マガジン」のサイト。
月額 380円(税抜き)で 約 200雑誌 が読み放題というサービス。
アマゾンと同様に 31日間のお試し期間がある。


楽天マガジン2.JPGiOS や Android を含めて 5台までの端末で使用ができる。
kobo でも読むことができるけれど、雑誌だから カラー表示の方が読みやすいだろう。


楽天マガジン3.JPG月額プラント年額プランがあって、年額プランの方が 960円お得と書かれている。
会社からすれば年額の方が収入が確定できるのが良いので当たり前だろう。


確かにアマゾンの方が高いですけれど、小説を読むのが多いので雑誌 200種類といっても興味は引かれませんね。
posted by ogu at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

君津・木更津周辺の本屋

私が神奈川県大和市から千葉県君津市に転居をしてから困ったことはパソコンショップと書店の少なさでした。
パソコンショップは、パソコンそのものを買う必要性もなくなって、品物を確認するのであれば、量販店もありますので、あまり困らなくなりました。
それに、今では アマゾンや、その他のネットショップで、買うことも出来るようになりましたから、昔のように秋葉原まで買いに行く必要もなくなりました。
書店は、木更津にある「蔦屋書店」くらいが、まぁそろっている方で、他の書店は在庫が少なくて困っていました。

ツタヤ書店木更津.JPG木更津にある「蔦屋書店」。
この書店だけが、ほぼ欲しい本がそろっている。
他の書店は狭くて在庫が少ない。


本も本箱に入りきれないので出来るだけ紙の本は買わないで電子本にしているのですけれど、どうしても紙の本が欲しい時があります。
その時に近くに本屋が少なくて不満でしたが、イオンモール木更津の中に出来た「未来堂書店」は広くて、なかなか良さそうな本が並んでいました。

イオン木更津 書店2.JPGイオンモール木更津内に出来た「未来堂書店」。
他のイオン内の店と違って店舗も広く、多くの本がそろっている。
スーパーマーケットの客層とは違うと見て本の種類も増やしたのだろう。


今まだにもいくつかのイオンの「未来堂書店」を覗きましたけれど、置いてある本の種類が少なくて気に入らなかったのです。
スーパーマーケットの客層を考えてのことでしょうけれど、女性や子供向けの本が多くて、どうもしっくりとこなかったのですが、この「未来堂書店」なら店内を歩き回っても楽しそうですね。

イオン木更津 ノジマ USシネマ.JPGイオンモール木更津内の店舗。
未来堂書店の近くに「USシネマ」があり、1階に「ノジマ」が入っている。
「ノジマ」は神奈川県の大きな家電量販店だが千葉県にも16カ所の店を持っている。
市原市に店舗があるがそれ以南では初めての店だ。


シネマ・コンプレックスも出来ましたし、家電量販店の「ノジマ」も出来たので急に不満だったことが解決しそうです。
映画も昔は大好きで、日比谷のロードショウにもかなり観に行っていたのですが、最近はご無沙汰でしたから良い映画が来たときには行って見たいと思います。

ラベル:未来堂書店
posted by ogu at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

セブンネットで本を注文した

今までに 4巻まで出ている ビブリア古書堂の事件手帖-5 が発売をされましたので、セブンネット・ショッピングで注文をしました。

ビブリア古書堂5.JPGビブリア古書堂の事件簿-5。
第4巻までも買って持っている。
古書をテーマにした内容が面白いし、今まで住んでいた場所からも近い北鎌倉あたりが舞台なのでなじみやすい。

家の近くにセブン-イレブンがありますから、君津市の本屋に買いに行くよりも便利です。
今まで住んでいた大和市は本屋が多いので、簡単に本を買うことができたのですが、君津駅周辺には、あまり良い本屋さんがありませんから、インターネットで買った方が確実に手に入ります。
宅配だと、送料がかかりますが、指定をしたセブン-イレブンで受け取れば 送料はかかりません。
店まで歩いて 4〜5分ですから、手間にはなりません。
店での支払いも 599円ですから負担にはなりませんから、良いですね。

7net控え.JPGセブンネットショッピング払込票の控え。
インターネットで注文が成立するとすぐに送ってくるので確認もし易い。

ネット経由で控えも送られてきますから、払込票番号も忘れません。
セブンネットショッピングでは昨年不正アクセスがあったそうですが、今回はクレジットカードも使いませんから安心をして利用が出来ますね。
本をセブン-イレブンに届けるとメールで連絡をしてきました。

到着メール.JPG送られてきたケール。
27日朝に決まりましたと書かれているけれど、すでに届いているだろう。
27日以降にゆっくり取りに行けば良い。

別のメールのご注文状況ではすでに「出荷済み」となっていましたけれど、店に確認を取っているのでしょう。
2日続けて、検診の予定が入っていましたので病院に行きましたから(君津中央病院と北里大学病院)セブン-イレブンに行く時間がありませんでしたが、出来るだけ早めに店に行って受け取ってきたいと思います。
あまり預けっぱなしにしておくと、引き上げられてしまいますからね。
posted by ogu at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

本の整理

引っ越しセンターから、最終確認に来て、納戸に入れてある、本縛を組み直してくれました。
今までは、手前の移動する部分が、正しくガイドに入っていなくて、本を入れると傾いてしまうので、本を入れる事が出来ませんでした。

丸谷才一.jpg本箱の右側が、使えなかったので、詰め込んであった文庫本を、右に移したので、やっと大好きな「丸谷才一」の書籍を入れる事が出来る様になった。

いままで、仮に詰め込んであった文庫本を正規の右側に入れたので、やっと好きな丸谷才一の書籍も収まるようになりました。
なにせ、丸谷才一の本だけでも本箱の4段は使ってしまいますからね。
これは電動のドライバーで無理矢理締め付けたためですね。
引っ越しセンターの人は、確かに作業は速いのですが、細かいところは、あまりチェックをしていないようです。

本箱 新.jpg今回、新しく買い足した本箱。
割に大きいものを買ったのだが、本をすべては収まらず手前のスペースに横積みにしてある。
一応、作者、カテゴリーの整理だけはしたけれど、小さな本箱の本はまだ整理出来ていない。

今回、買い足した本箱の前に、主に文庫本を積んでおきましたが、親戚に預けておいた本も、持ち込むと、やはり容量は足りません。
これ以上、本箱を増やすのは出来ませんから、これで我慢をするしかありません。
ただ、今回整理をしていたら、同じ本を買っているのですね。

ダブル.jpgかなり気を付けていたのだけれど、同じ本を数冊買ってしまっている。
これらと、買ったけれども趣味ではない本もあるから、これは BookOff に売るつもりだ。

二重にかてしまった本が3冊と、個人的には、あまり好みではなかった本、それと BookOff で購入をした中古本もりますから、これらは、BookOff で処分します。
でも、引っ越しでもしなければ、ダブって買った本も気がつかないものもあったでしょうね。
ラベル:本箱 丸谷才一
posted by ogu at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする