2018年01月18日

はんなりいなり

1月14日の朝食にはアピタ木更津店の駅弁フェアで買ってきた「はんなりいなり」を食べました。
これが、駅弁フェアで買った商品の最後です。
私は個人的には大船の「鯵の押しずし」が良かったのですが、連れ合いの希望の鎌倉の「はんなりいなり」にしたのです。
私は大和市つきみ野に住んでいたころは、江ノ島や鎌倉へはしょっちゅう行っていましたから鎌倉の小町通りで買って食べたことがあります。

はんなりいなり1.JPG鎌倉の「はんなりいなり」。
鎌倉では、小町通りに店がある。


はんなりいなり2.JPG「はんなりいなり」。
長いいなり寿司 2本が4つに切られて入れてある。


長い油揚げの中に、海苔を敷き、黒蜜を加えた酢飯にゴマを混ぜた稲荷寿司です。

はんなりいなり3.JPG「はんなりいなり」。
一人 1本あれば、朝食には十分。
付いていたからしをつけて食べると美味しい。


中に「からし」が入っていて、これをつけて食べるとなかなか美味しかったです。
今度、他のいなり寿司にも、からしをつけて食べてみたいと思いました。
posted by ogu at 15:38| Comment(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

横川の「峠の釜めし」

アピタ木更津店の駅弁フェアで買ってきた「峠の釜めし」を1月13日の夕飯で食べました。
横川の峠のかまめしは、軽井沢や、小諸、上田などに行くときには大体おぎのやに寄っていますし、諏訪湖の方に行き時には諏訪湖畔にあるおぎのやに寄って峠の釜めしを食べていますから、お馴染みです。

釜めし弁当1.JPG横川駅の「峠の釜めし」。
ラベルに信州本線横川駅と書かれているのが良い。


中身も変わっていないのが良いですね。
いつ食べても破綻がなく美味しいのが良いです。
横浜崎陽軒のシュウマイ弁当と同じで、変にいじらないのが良いのです。
私は車で移動をするのが好きですから、あまり鉄道は使いませんけれど駅弁の良さは分かります。
木更津浜屋のバーベキュー弁当も同じです。

釜めし弁当2.JPG益子焼の釜には大きく「横川駅おぎのや」という文字が掘られている。
商品が重いのも仕方がないが、峠の釜めしらしくて良い。


釜めし弁当5.JPG弁当の具は全く変わっていない。
味もそのままで素直で美味しい。
やはり、日本一の駅弁だろう。


信越本線は、横川駅と軽井沢駅を繋ぐ碓氷峠が廃止されて、今は横川駅が最終駅です。
横川駅から軽井沢駅までは、JRバスが通じています。
碓氷峠はアプト式でラックレールにピニオンギアで上り下りをする方式でした。
めがね橋は見に行ったこともあります。
横川駅の「釜めし弁当」もう何回も食べましたけれど、やはり日本一の駅弁でしょうね。
posted by ogu at 15:21| Comment(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

駅弁フェアで買ってきた「ずっしりうにの特製重」

1月13日にアピタ木更津店の駅弁フェアで買ってきた駅弁の内、日持ちがしないものを食べました。
八戸の「ずっしりうにの特製重」と1つだけ買ってきた「平次弁当」を連れ合いとシェアをして食べました。
平次弁当は東京神田明神下のちらしと煮物の2段箱の弁当でふたが寛永通宝の絵が描かれていてしゃれた弁当です。

平次弁当1.JPG平次弁当。
ふたに寛永通宝が描かれている丸い二段重。
しゃれていて手が込んでいる。


平次弁当2.JPG弁当の中身も手が込んでいるのが分かる。
味は、悪くはないが、「ずっしりうにの特製重」と比べると普通。


手が込んだ弁当ですが、味は「うにの特製重」の方が圧倒的に美味しかったです。

ウニの特製重1.JPG八戸の「ずっしりうにの特製重」。
他にも北海道の弁当もあって目移りするが、連れ合いの指定もあるのですぐに購入をした。


ウニの特製重3.JPG「ずっしりうにの特製重」。
基本的にうにだけだけれど、うまみがにじみ出てきて素晴らしい。


「ずっしりうにの特製重」は 今回の弁当の白眉といっても良いでしょう。
気に入りました。
posted by ogu at 19:21| Comment(0) | 木更津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする