2017年11月06日

東京メトロ日比谷線「八丁堀」から「築地」まで利用をした

会社時代の先輩の写真展が銀座三丁目の朝日ギャラリーで開催されるので、京王プレッソン東銀座に泊まることにしました。
木更津市転居をしてから、東京に行くときには一泊をして変わりゆく東京の街も見てみたいからです。
今回も、いつつか行ってみたい場所がありました。
最初は、ギンザシックスだけは行ってみたいと思っていましたが、宿の京王プレッソンが、築地のそばにあるので他にも行ってみました。

八重洲口バス停1.JPG東京駅八重洲口バス停。
木更津、君津からの高速バスは八重洲口の外堀通りを隔てた住友ビルの前に停まる。
八重洲地下街に入る階段は直ぐそばにある。


高速バスで東京駅八重洲口についてから、浅草に行くときには東京メトロ銀座線の「京橋」駅 を利用するのですが、今回は鍛冶橋通りを 都営浅草線の「宝町」駅を越えて東京メトロ日比谷線の「八丁堀」駅まで歩きました。

昭和通り宝町駅そば1.JPG昭和通りと鍛冶橋通りとの交差点。
都営浅草線「宝町」前。
いつも木更津発や君津発の東京行き高速バスはこの交差点の先の「京橋IC」を降りて、昭和通りを右折してすぐに左折をして八重洲通りを通って八重洲口停留所まで行く。


京橋IC出口1 (1).JPG首都高速環状線京橋IC出口。
木更津駅からの高速バスはこの IC で降りる。
京橋IC の入口は、鍛冶橋通りではなく、少し南側に離れた銀座一丁目の方にある。


鍛冶橋通りを歩いて首都構想道路の下を潜りますが、ここには「弾正公園」という公園があって「弾正橋」の親柱が残っています。

弾正橋公園2.JPG「弾正公園」。
首都高速環状線の下にある。
前の東京オリンピックの時に埋め立てられた「楓川」に架かっていた橋。
実際には現在の位置よりも下流側に架かっていたらしい。
江戸初期の町奉行「島田弾正」の屋敷があったことから名づけられている。


ここから桜橋の交差点を過ぎるとすぐに「八丁堀駅前」に出ます。
東京メトロ日比谷線の「八丁堀」駅があります。

八丁堀駅1.JPG東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅。
東京駅八重洲口バス停から徒歩でゆっくり歩いて約 30分。
距離はほぼ 2km ですから、まぁまぁの速さでした。
駅はスーパーマーケットがあるビルの地下で歴史的なものは何もない。


「八丁堀」駅は新大橋通りにありますが東京メトロ日比谷線の「八丁堀」駅から一駅で「築地」駅に到着します。
築地駅も新大橋通りにあって、駅を出るとすぐに築地本願寺があります。

築地本願寺1.JPG築地本願寺。
関東大震災で旧本堂が焼失し現在の鉄筋コンクリート造りの古代インド様式のモチーフにした建物になっている。


会社時代に関係会社の社長の告別式に築地本願寺に行ってから築地には もう10年以上行っていませんから、歩いてみました。

京王プレッソン東銀座1.JPG「京王プレッソン東銀座」。
名前は東銀座になっているが、住所は築地七丁目。
地下鉄東銀座駅からも、築地駅からも徒歩3分。


新大橋通りを渡って、築地本願寺の全体を見ながら築地場外市場を眺め、チェックインの時間前でしたから予約をしてある「京王プレッソン東銀座」に荷物だけを預けて、晴海通りを銀座四丁目方面に向かいました。
posted by ogu at 16:55| Comment(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

Android 8.0 の愛称は「OREO」

先日 iPhone 5s のバッテリーの寿命で iPhone 8 Plus に期初変更をしました。
私は Apple フリークではないので、iPhone 5s にする前は Galaxy SU で Android でした。
Android は各バージョンの愛称をお菓子の名前を付けています。
アルファベットの順にバージョンが上がっていて 2017年は「O」で始まるお菓子でした。

オレオ1.PNGオレオ。
甘いクリームを円形のチョコレート・クッキーではさんだもので 1912年に発売以来、アメリカで一番売れているクッキー。


2017年8月22日に Android8.0 がリリースをしましたが愛称は「Oreo」(オレオ)でした。
オレオは 1912年に発売をされてアメリカで一番売れているクッキーだそうですから選ばれるのも当然でしょう。

Android oreo3.JPGAndroid Oreo の動画から。
おなじみの「Bugdroid」(日本での愛称はドロイド君)が出ている。


android-oreo1.pngAndroid Oreo。
Android OS を搭載した スマートフォンのシェアは世界一。


私が使っていた Galaxy SUの Android 4.0(Ice Cream Sandwich)に Version Up をするときにハングアップをしてしまい解決が出来ないので仕方がなく iPhone 5s に機種変更をしたのです。
Android 4.0 は 4.4 まで Version が上がっていますから当時は不安定だったのでしょう。
Android 4.0(Ice Cream Sandwitch - アイスクリームサンド)はスマートフォンとタブレットのUIを統合したもので問題も多かったのでしょう。
Android 4.1〜4.3(Jelly Bean - ジェリービーン)で スマートフォン 400ppi 以上のサポートをするようになり Android 4.4(KitCut - キットカット)とコードネームが大きく変わっています。
今は Android OS も熟成をしていますから、どちらの OS でも良いですし、アプリも使いたいものはほとんど両方のスマートフォンで動きます。
今回 au で Android OS のスマーフォンのカタログを貰ってきましたが、ほとんどが 7.X(nougat - ヌガー) で一部が 6.0(Marshmallow - マシュマロ) でした。
これも、すぐに Version 8.0 にアップグレードできるでしょう。
posted by ogu at 15:22| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ワイアレス充電

先日 スマートフォンを iPhone 5s から iPhone 8 Plus に機種変更をしました。
前を同じでアップルの製品ですから Lightning Connector を接続して充電をします。
この Lightning Cable は方向を考えなくてどちらを表側にしなくても良いのですがコネクターの首が弱く、私が使っていた iPhone 5s の Lightning Cabel も断線をしてしまい買いなおしました。
それに今度の iPhone 8 Plus は、イヤホンジャックもついておらず、EarPods というイヤホンを Lightning Connector に接続をします。
私は難聴なのであまりイヤホンは使いませんが、いずれにしても Lightning Connector に負担がかかります。
それで、今まではあまり気にしていなかった充電も Lightning Connector に負担をかけないためにワイアレス充電も良いなと思いはじめました。

lightning cinnector1.JPGLightning Connector。
最近の iPad、iPhone とも、Lightning Connector になっている。
裏表を気にしないで挿入できるのと、機器を薄く作れるのが良いがケーブルの首が弱く断線しやすい。
またコネクター部分も弱そうだから、あまり頻繁には使いたくない。


以前の 30ピン Dockコネクターなら、気にしなくても良かったのですが、今度はケーブル、機器のコネクター部の強度も気になりますから、あまり接続を頻繁には行いたくありません。
そういう場合にはワイアレス充電は良いですね。

ワイアレス充電器1.JPGAnker のワイアレス充電器。
Qi 対応。
Amazon での価格 1799円。
台を考えると 1台しか充電出来そうもないが参考にはなる。


ワイアレス充電の企画は AirFuel と Wireless Power Consortium が開発をした Qi(チー)の2つがあって、今までは AirFuel の方が優勢だったそうですが シェアーが大きい アップル が Qi を採用しているので両方の仕様に合わせた会社もあるようです。
まぁ、私は Qi だけを考えればいいのですが、アップルは 2018年にならないと ワイアレス充電器 AirPower
を売り出しません。
今、すぐに買うつもりもありませんから来年 AirPower が出るまで待ちたいと思っています。
まだ、どのような仕様で出るのかもわかっていないのですが、複数の機器を充電できるという説が多いようです。
今もワイアレス充電器は発売されていますから価格の参考にはなります。
大体 3000円前後の製品が多いようです。
モバイルバッテリーの Anker の製品などは Amazon で 1799円ですからね。
posted by ogu at 17:07| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする